製品情報 Product Information

トップ > 製品情報トップ > 化成品 > 軟質ウレタンフォーム > エアロンエコ®

化成品

環境対応フォームエアロンエコ®

軟質ウレタンフォーム

エアロンエコ®

「エアロンエコ®」は植物由来の原料を用いた軟質ウレタンフォームです。
軟質ウレタンフォームはバイオマス原料(動植物由来の資源)を使用した場合、安定した品質と物性の再現が難しいとされていましたが、「エアロンエコ®」は主原料であるポリオールの1/2をバイオマス(ひまし油)に置き換えながらも、従来の軟質ウレタンフォームと同等の品質と物性を有しています。使用している原料のひまし油は、非可食植物のヒマ※1(トウゴマ)の種子から抽出しており、石化原料の使用量低減や二酸化炭素の削減に貢献する環境に配慮した素材です。(本製品はバイオマス度※2約28%を実現し、環境商品として一般社団法人 日本有機資源協会が認定する「バイオマスマーク」を取得しています。)
「エアロンエコ®」はブロック状のフォームを長尺で発泡形成するスラブ発泡で生産するため、用途に合わせ長尺ブロックを裁断、加工が出来るので、多種多様な用途に適しています。

※1 ヒマ(トウゴマ)
1年草で、成長が早く原料確保が容易で、ひまし油1kgを採取する場合、成長過程でヒマが16kgの炭酸ガスを吸収(玄米の約5倍)します。成長過程で多くの炭酸ガスを吸収し、大気中の二酸化炭素を削減することから環境に優しい原料として期待されています。又、ヒマの種子は非可食であるため近年問題視されている食料需要との競合の心配がありません。

※2 バイオマス度
プラスチック製品の乾燥重量に対して使用したバイオマス原料(生物由来の資源)の割合。

ITEM SPEC

品種 エアロンエコ®
代表品番 WHK、WPP
密度(kg/m³) 14〜35
イエロー

特長

  • 植物由来のひまし油を原材料の一部に使用し、石油原料の使用量を低減し、CO2削減に貢献。
  • バイオマスマークを取得済み(バイオマス度10%〜28%)。
  • 安定した物性と品質を持ち、加工性もよい。

バイオマスマークについて

バイオマス 登録No.090051

商品名:エアロンエコ

登録番号:090051

一般社団法人 日本有機資源協会 http://www.jora.jp/

バイオマスマークは、日本有機資源協会が平成18年8月1日より本格運用を開始し、生物由来の原料を利用した製品を審査し、基準を満たした製品のみ、バイオマスマークの使用が許可されます。

用途

家具・インテリア

家具・インテリア(※イメージです。)

エアロンエコ®マットレス

PAGETOP

製品情報 MENU INDEX

  • 製品ごとの一覧
  • 部門ごとの製品一覧
  • 50音順での製品一覧
  • 製品関連リンク
  • お問い合わせ