製品情報 Product Information

トップ > 製品情報トップ > 建築・土木 > 断熱材 > 地域区分別必要厚さ

建築・土木

地域区分別必要厚さ

断熱材

経済産業省及び国土交通省の定める省エネルギー基準を満たすために必要とされるアキレスボード/アキレスエアロンRの厚さの参考値です。

省エネルギー基準の地域区分

※詳細な地域区分は 断熱地域区分(平成25年省エネルギー基準ページ)をご確認ください。

断熱地域区分

地域区分 都道府県名
1、2 北海道
3 青森県岩手県秋田県
4 宮城県山形県福島県栃木県新潟県長野県
5、6 茨城県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県富山県石川県福井県山梨県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県
7 宮崎県鹿児島県
8 沖縄県

1地域と2地域、または5地域と6地域の市町村区分は
告示等でご確認ください。

※ 以下のタブより断熱ボードと現場発泡(吹付け)のデータを切り替えてご覧になれます。

断熱ボード製品(アキレスボード)

省エネルギー基準による必要な断熱材の熱抵抗の基準

表1 鉄筋コンクリート造等の住宅(内断熱工法)

部 位 断熱材の熱抵抗の基準値(u・K/W)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3
(平成4年省エネ基準)
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根または天井 3.6 2.7 2.5 1.6 2.9 1.6 1.1 1.1 1.1 1.1
2.3 1.8 1.1 1.7 0.9 0.9 0.7 0.5
外気に接する部分 3.2 2.6 2.1 2.9 1.8 1.8 1.0 0.6
その他の部分 2.2 1.8 1.5 2.1 1.0 1.0 0.5 0.3
土間床等
の外周部
外気に接する部分 1.7 1.4 0.8 2.1 0.1 0.1
その他の部分 0.5 0.4 0.2 0.6

表2 鉄筋コンクリート造等の住宅(外断熱工法)

部 位 断熱材の熱抵抗の基準値(u・K/W)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3  ※1
(平成4年省エネ基準)
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根または天井 3.0 2.2 2.0 1.4 2.9 1.6 1.1 1.1 1.1 1.1
1.8 1.5 0.9 1.7 0.9 0.9 0.7 0.5
外気に接する部分 3.2 2.6 2.1 2.9 1.8 1.8 1.0 0.6
その他の部分 2.2 1.8 1.5 2.1 1.0 1.0 0.5 0.3
土間床等
の外周部
外気に接する部分 1.7 1.4 0.8 2.1 0.1 0.1
その他の部分 0.5 0.4 0.2 0.6

※1 省エネルギー対策等級3は外断熱工法の設定がありません(上記は表1と共通です)

表3 木造の住宅(充填断熱工法) 〔 〕内は枠組壁工法の場合

部 位 断熱材の熱抵抗の基準値(u・K/W)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3
(平成4年省エネ基準)
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根 6.6 4.6 4.6 4.6 4.3 1.7 1.2 1.2 1.2 1.2
天井 5.7 4.0 4.0 4.0 4.3 1.7 1.2 1.2 1.2
3.3
〔3.6〕
2.2
〔2.3〕
2.2
〔2.3〕
2.4 0.9 0.9 0.8 0.5
外気に接する部分 5.2
〔4.2〕
5.2
〔4.2〕
3.3
〔3.1〕
3.7 1.8 1.8 1.0 0.7
その他の部分 3.3
〔3.1〕
3.3
〔3.1〕
2.2
〔2.0〕
2.4 1.0 1.0 0.5 0.3
土間床等
の外周部
外気に接する部分 3.5 3.5 1.7 2.1 0.1 0.1
その他の部分 1.2 1.2 0.5 0.6

表4 木造及び鉄骨造の住宅(外張断熱工法・内張断熱工法)

部 位 断熱材の熱抵抗の基準値(u・K/W)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3  ※2
(平成4年省エネ基準)
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根または天井 5.7 4.0 4.0 4.0 5.2 2.0 1.5 1.5 1.5 1.5
2.9 1.7 1.7 3.0 1.1 1.1 1.0 0.6
外気に接する部分 3.8 3.8 2.5 4.5 2.2 2.2 1.2 0.9
その他の部分 3.0 1.2 1.2 0.6 0.4
土間床等
の外周部
外気に接する部分 3.5 3.5 1.7 2.1 0.1 0.1
その他の部分 1.2 1.2 0.5 0.6

※2 省エネルギー対策等級3は鉄骨造の場合のみ適用(木造外張断熱工法の場合は表3を適用してください)

  • 〔アキレスボードの厚さ〕=〔断熱材の熱抵抗の基準値〕×〔断熱材の熱伝導率〕
  • 熱伝導率は0.024W/(m・K)(JIS A 9511 A種硬質ウレタンフォーム保温板2種2号)を 適用しています。
  • アキレスソトダンSUパネル、アキレスソトダンSDパネルはビーズ法ポリスチレン フォームを使用しているので、表6は適用できません。

省エネルギー基準による必要な断熱材の厚さ

本表は平成11年基準(平成27年4月1日まで経過措置で使用可能)を基にしています(地域区分は平成25年基準で記載)。

表5 鉄筋コンクリート造等の住宅(内断熱工法)

部 位 アキレスボードの厚さ(mm)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3
(平成4年省エネ基準)
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根または天井 90 65 60 40 70 40 30 30 30 30
60 45 30 45 25 25 20 15
外気に接する部分 80 65 55 70 45 45 25 15
その他の部分 55 45 40 55 25 25 15 10
土間床等
の外周部
外気に接する部分 45 35 20 55 10 10
その他の部分 15 10 10 15

表6 鉄筋コンクリート造等の住宅(外断熱工法)

部 位 アキレスボードの厚さ(mm)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3 ※3
(平成4年省エネ基準)
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根または天井 75 55 50 35 70 40 30 30 30 30
45 40 25 45 25 25 20 15
外気に接する部分 80 65 55 70 45 45 25 15
その他の部分 55 45 40 55 25 25 15 10
土間床等
の外周部
外気に接する部分 45 35 20 55 10 10
その他の部分 15 10 10 15

※3 省エネルギー対策等級3は外断熱工法の設定がありません(上記は表5と共通です)

表7 木造の住宅(充填断熱工法) 〔 〕内は枠組壁工法の場合

部 位 アキレスボードの厚さ(mm)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3
(平成4年省エネ基準)
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根 160 115 115 115 105 45 30 30 30 30
天井 140 100 100 100 105 45 30 30 30
80
〔90〕
55
〔60〕
55
〔60〕
60 25 25 20 15
外気に接する部分 125
〔105〕
125
〔105〕
80
〔75〕
90 45 45 25 20
その他の部分 80
〔75〕
80
〔75〕
55
〔50〕
60 25 25 15 10
土間床等
の外周部
外気に接する部分 85 85 45 55 10 10
その他の部分 30 30 15 15

表8 木造及び鉄骨造の住宅(外張断熱工法・内張断熱工法)

部 位 アキレスボードの厚さ(mm)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3
(平成4年省エネ基準) ※4
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根または天井 140 100 100 100 125 50 40 40 40 40
70 45 45 75 30 30 25 15
外気に接する部分 95 95 60 110 55 55 30 25
その他の部分 75 30 30 15 10
土間床等
の外周部
外気に接する部分 85 85 45 55 10 10
その他の部分 30 30 15 15

※4 省エネルギー対策等級3は鉄骨造の場合のみ適用(木造外張断熱工法の場合は表7を適用してください)

現場発泡断熱システム(アキレスエアロンR)

鉄筋コンクリート造の住宅(内断熱工法)

省エネルギー基準による必要な断熱材熱抵抗値

部 位 必要な熱抵抗値(u・K/W)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3
(平成4年省エネ基準)
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根または天井 3.6 2.7 2.5 1.6 2.9 1.6 1.1 1.1 1.1 1.1
2.3 1.8 1.1 1.4 1.7 0.9 0.9 0.7 0.5
外気に接する部分 3.2 2.6 2.1 2.9 1.8 1.8 1.0 0.6
その他の部分 2.2 1.8 1.5 2.1 1.0 1.0 0.5 0.3
土間床等
の外周部
外気に接する部分 1.7 1.4 0.8 2.1 0.1 0.1
その他の部分 0.5 0.4 0.2 0.6

アキレスエアロンFR-NFまたはFR-AWの必要な断熱材厚み

部 位 必要な熱抵抗値(u・K/W)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3
(平成4年省エネ基準)
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根または天井 123 92 85 55 99 55 38 38 38 38
79 62 38 48 58 31 31 24 17
外気に接する部分 109 89 72 99 62 62 34 21
その他の部分 75 62 51 72 34 34 17 11
土間床等
の外周部
外気に接する部分 58 48 28 72 4 4
その他の部分 17 14 7 21

※断熱材厚みの算出にあたっては、経時熱伝導率(23℃)のJIS A 9526基準値0.034W/(m・K)を用いました。

アキレスエアロン-FRまたはFR2の必要な断熱材厚み

部 位 必要な熱抵抗値(u・K/W)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3
(平成4年省エネ基準)
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根または天井 94 71 65 42 76 42 29 29 29 29
60 47 29 37 45 24 24 19 13
外気に接する部分 84 68 55 76 47 47 26 16
その他の部分 58 47 39 55 26 26 13 8
土間床等
の外周部
外気に接する部分 45 37 21 55 3 3
その他の部分 13 11 6 16

※断熱材厚みの算出にあたっては、経時熱伝導率(23℃)のJIS A 9526基準値0.026W/(m・K)を用いました。

木造の住宅(充填断熱工法)

省エネルギー基準による必要な断熱材熱抵抗値

部 位 必要な熱抵抗値(u・K/W)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3
(平成4年省エネ基準)
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根または天井 屋根 6.6 4.6 4.6 4.6 4.3 1.7 1.2 1.2 1.2 1.2
天井 5.7 4.0 4.0 4.0
3.3 2.2 2.2 2.4 0.9 0.9 0.8 0.5
外気に接する部分 5.2 5.2 3.3 3.7 1.8 1.8 1.0 0.7
その他の部分 3.3 3.3 2.2 2.4 1.0 1.0 0.5 0.3
土間床等
の外周部
外気に接する部分 3.5 3.5 1.7 2.1 0.1 0.1
その他の部分 1.2 1.2 0.5 0.6

※設計施工指針に開口部の熱貫流率による緩和措置が記載されています。詳細は施工マニュアルを参照ください。

アキレスKHフォームの必要な断熱材厚み

部 位 必要な熱抵抗値(u・K/W)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3
(平成4年省エネ基準)
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根または天井 屋根 264 184 184 185 172 68 48 48 48 48
天井 228 160 160 160
132 88 88 96 36 36 32 20
外気に接する部分 208 208 132 148 72 72 40 28
その他の部分 132 132 88 96 40 40 20 12
土間床等
の外周部
外気に接する部分 140 140 68 84 4 4
その他の部分 48 48 20 24

※アキレスKHフォームの熱伝導率はJIS A 9526基準値0.04W/(m・K)を用いました。
※設計施工指針に開口部の熱貫流率による緩和措置を用いた断熱厚みは、施工マニュアルを参照ください。

枠組壁工法の住宅(充填断熱工法)

省エネルギー基準による必要な断熱材熱抵抗値

部 位 必要な熱抵抗値(u・K/W)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3
(平成4年省エネ基準)
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根または天井 屋根 6.6 4.6 4.6 4.6 4.3 1.7 1.2 1.2 1.2 1.2
天井 5.7 4.0 4.0 4.0
3.6 2.3 2.3 2.4 0.9 0.9 0.8 0.5
外気に接する部分 4.2 4.2 3.1 3.7 1.8 1.8 1.0 0.7
その他の部分 3.1 3.1 2.0 2.4 1.0 1.0 0.5 0.3
土間床等
の外周部
外気に接する部分 3.5 3.5 1.7 2.1 0.1 0.1
その他の部分 1.2 1.2 0.5 0.6

※設計施工指針に開口部の熱貫流率による緩和措置が記載されています。詳細は施工マニュアルを参照ください。

アキレスKHフォームの必要な断熱材厚み

部 位 必要な熱抵抗値(u・K/W)
断熱等性能等級4
(平成25年省エネ基準)
断熱等性能等級3
(平成4年省エネ基準)
地域の区分 地域の区分
1、2 3 4〜7 8 1、2 3 4 5、6 7 8
屋根または天井 屋根 264 184 184 185 172 68 48 48 48 48
天井 228 160 160 160
144 92 92 96 36 36 32 20
外気に接する部分 168 168 124 148 72 72 40 28
その他の部分 124 124 80 96 40 40 20 12
土間床等
の外周部
外気に接する部分 140 140 68 84 4 4
その他の部分 48 48 20 24

※アキレスKHフォームの熱伝導率はJIS A 9526基準値0.04W/(m・K)を用いました。
※設計施工指針に開口部の熱貫流率による緩和措置を用いた断熱厚みは、施工マニュアルを参照ください。

防湿層について

設計施工指針の規定により、アキレスKHフォームを木造住宅に充填断熱した場合は、原則として室内側に防湿層を設けてください。なお、構造により防湿層を省略できる場合もありますので、施工マニュアルを参照ください。

断熱材について知る・選ぶ

断熱材とは

  • 断熱材の目的と重要性
  • 断熱材と結露
  • 断熱の方法

断熱材の選び方

  • 断熱材の種類
  • アキレスの断熱材
  • 施工箇所から断熱材を探す
  • 特長・用途から断熱材を探す

参考資料

  • 断熱地域区分
  • 地域別必要厚さ
  • 内装制限一覧

PAGETOP

製品情報 MENU INDEX

  • 製品ごとの一覧
  • 部門ごとの製品一覧
  • 50音順での製品一覧
  • 製品関連リンク
  • お問い合わせ