製品情報 Product Information

トップ > 製品情報トップ > 建築・土木 > 断熱材 > 断熱工法 > RC型枠兼用断熱工法

建築・土木

断熱工法RC型枠兼用断熱工法

断熱材

 RC型枠兼用断熱工法は、断熱材自体を内側型枠として建て込んだ後に、コンクリート同時打ち込みする工法です。
RC型枠兼用断熱工法は、壁のほか、スラブ部位に採用いただけます。ピット部位に施工する場合は従来工法に比較して合板の搬出手間がなくなり、大幅な省力化が可能です。

特長

  • 省力化
    型枠工事と断熱材施工がひとつの工程となり、省力化が実現します。
  • 合板削減
    南洋合板の使用量削減に貢献します。
  • 次世代省エネ基準
    硬質ウレタンフォームの優れた断熱性能はそのまま維持するので次世代省エネ基準の達成も容易です。
  • 環境配慮
    発泡剤をノンフロン化してより地球環境に配慮した製品です。

その工法に使われる製品にアキレスカタダンノンフロンがあります。

断熱材について知る・選ぶ

断熱材とは

  • 断熱材の目的と重要性
  • 断熱材と結露
  • 断熱の方法

断熱材の選び方

  • 断熱材の種類
  • アキレスの断熱材
  • 施工箇所から断熱材を探す
  • 特長・用途から断熱材を探す

参考資料

  • 断熱地域区分
  • 地域別必要厚さ
  • 内装制限一覧

PAGETOP

製品情報 MENU INDEX

  • 製品ごとの一覧
  • 部門ごとの製品一覧
  • 50音順での製品一覧
  • 製品関連リンク
  • お問い合わせ