ニュースリリースNews release

2014年:ニュースリリース

『やまもも』
2014年9月1日(月)西日本地区中心に新発売
製品情報2014.08.21

保温性・透明性・作業性を強化した内張り用高性能農業用ビニールフィルム

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:伊藤 守)は、保温性・透明性・作業性を強化した内張り用高性能農業用ビニールフィルム『やまもも』を、施設ハウスの暖房費の削減に対応した製品として、9月1日(月)から西日本地区を中心に発売いたします。

【写真:「やまもも」を展張したキュウリ栽培の施設園芸ハウス(高知県)】

【写真:「やまもも」を展張したキュウリ栽培の施設園芸ハウス(高知県)】

 近年、燃料価格の高止まりにより、施設園芸における暖房費の負担が農業生産者の経営に大きく影響を与えています。施設園芸ハウスにおいては、暖房費を削減できる保温効率の良い被覆材や内張り資材が求められ、さらにハウス内に光を透過できる高い透明性の確保も課題となっていました。
 このたび発売する新製品『やまもも』は、厚さ0.05mmで0.1mmと同等の高い保温性が特長です。これは、生産工場に最新鋭の設備を投入すると同時に、製品の保温剤やフィルムの配合等を最適化するなど、当社独自の製造技術によって実現させたもので、暖房費の削減が図れることで農業経営の一助となります。
 また、高い保温性を維持しつつフィルムの光線透過率を高めることで高透明性を確保したことにより、植物の生育を妨げることなく、高品質な農産物を作る栽培環境を整えることができます。
 べたつきを抑制する配合と厚さを抑えることで、ハウス内の手動換気やカーテン利用での開閉作業における作業性も向上しました。
 対象品目は、ピーマン、ミカン、キュウリ、ナスなど施設園芸作物全般となります。
 今回、『やまもも』を発売するにあたり、製品のオリジナルロゴマークを作成し、『やまもも』のパッケージに印刷することで、新製品の認知拡大と普及につなげていきたいと考えております。

『やまもも』の製品概要は以下の通りです。

製品名 やまもも(内張り用高性能農業用ビニールフィルム)
発売日 2014年9月1日(月)
厚さ(㎜) 0.05
長さ(m) 100
幅(㎝) 300、330、400
製品特長

■保温性を強化

厚さ0.05mmでありながら0.1mmと同等の保温指数を実現。保温剤やフィルムの配合等を最適化し、高い保温性を実現しました。暖房費の削減に大きく貢献します。

■高い透明性

フィルムの光線透過率を高め、高透明性を実現しました。ハウス内の植物の生育に寄与します。

■作業性が向上

べたつきを抑制する配合と厚さを抑えることで、ハウス内の手動換気やカーテン利用での開閉作業における作業性が向上しました。
製品ロゴ やまもも
販売 西日本地区中心