ニュースリリースNews release

2014年:ニュースリリース

『アキレスTn-p工法(冬仕様)』
12月22日より受注開始
製品情報2014.12.15

事前防災に有効なトンネル補修技術『アキレスTn-p工法』に
冬季施工対応の新ウレタン注入材「SK-02W」を開発

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、事前防災に有効なトンネル補修技術『アキレスTn-p工法』(以下、「Tn-p工法」という)において、冬季施工時の問題点を改善するための新ウレタン注入材「SK-02W」を開発し、『アキレスTn-p工法(冬仕様)』を2014年12月22日から受注開始いたします。

 「Tn-p工法」は、老朽化した道路トンネルや鉄道トンネル、水路トンネルなどの覆工コンクリート背面の空洞に発泡ウレタンを注入充填して補修する「裏込注入工法」で、多くの実績を重ねてきております。
 注入材の軽さ、施工性、注入設備のコンパクトさなどの特長で評価をいただいている「Tn-p工法」ですが、寒冷時においては注入する発泡ウレタンの液温が下がることで、粘度が上がり施工性が悪くなることに加え、反応が遅くなって固化時間が長くなり亀裂等からの材料流出の危険性が高まるというデメリットがありました。道路トンネル維持管理の指針のひとつである「道路トンネル変状対策工マニュアル(案)」(2003年(独)土木研究所)でも、「発泡ウレタンは10℃以下になると、粘性が増し注入機械への過剰負担と、固化不足が懸念されるため、暖める必要がある。」と記載されています。
 これらの冬季施工時の問題点を改善するため、主に従来採用されている40倍発泡タイプの発泡ウレタン「SK-02」の冬仕様として、今回新たに「SK-02W」を開発しました。新注入材の液温が10℃でも現行品の25℃と同等の固化時間を実現し材料流出の危険性を低減。粘度も約500mPa/20℃と、現行品に比べ34%低減できたことで施工性の改善ができます。
 また、材料開発と合わせ、寒冷地域での施工対応として、温調設備を追加した新しい注入機も開発しました。温調設備付き注入機を導入したのは、トンネル裏込注入工法では業界初です。
 冬季施工時の問題点を改善した本商品を投入することで、今後一層の受注拡大を目指します。

『アキレスTn-p工法』とは

 古いトンネルの覆工コンクリート背面には、空洞が生じていることがあり、崩落の原因になりかねません。その空洞を『発泡ウレタン』で充填補修し、災害を防除するための工法が『アキレスTn-p工法』です。

『アキレスTn-p工法』とは

施工風景

発泡ウレタン注入概略図

『アキレスTn-p工法(冬仕様)』の製品概要は以下の通りです。

製品名 アキレスTn-p工法(冬仕様)
発売日 2014年12月22日(月)
製品特長

■冬季施工時の問題点を改善する冬仕様

施工性の悪化や、材料流出の危険性などの冬季施工時の問題点を改善するために、新たに材料開発を行いました。

  • 液温が10℃でも現行品25℃と同等の固化時間を実現し、材料流出の危険性を低減します。
  • 粘度も約500mPa/20℃と、現行品に比べ34%低減したことで、施工性を改善します。

■トンネル裏込注入工法初の温調設備付き注入機

寒冷地域での施工に対応するため、温調設備を追加した注入機を、トンネル裏込注入工法で初めて開発、導入しました。
製品仕様

注入材の性能規格

項目 トンネル裏込補修用ウレタン注入工法(SK-02W:40倍発泡)
密度 30±3(kg/m3)
圧縮強さ 0.14 (N/mm2)以上
クリームタイム(液温10℃) 14±5秒
ゲルタイム(液温10℃) 60±10秒
燃焼性 JIS A9511 合格(測定方法B)
価格 1,200円+税/kg
販売地域 全国