ニュースリリースNews release

2015年:ニュースリリース

高い吸放湿性が特長の軟質ウレタンフォーム
『モイスチャリズム』
より優れた通気性・通水性を実現した無膜軟質ウレタンフォーム
『テラセル』
製品情報2015.12.11

今冬から本格的に生産・販売開始

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、高い吸放湿性を実現した軟質ウレタンフォーム『モイスチャリズム』と、より通気性・通水性に優れた無膜軟質ウレタンフォーム『テラセル』を今冬から本格的に生産・販売を開始いたします。

【写真:『モイスチャリズム』】

【写真:『モイスチャリズム』】

 人は睡眠の際、寝始めに多量の汗をかいて体温を下げることでスムーズに入眠でき、常に発汗作用によって睡眠をコントロールしていますが、寝床内の湿度が高くなると汗が蒸発されず、体温も下がらない上に、ムレによって眠りが浅くなり不快感が生じます。
 このような背景から、高湿度状態で水分を吸収、標準状態では水分を放出する「吸放湿性」を有した軟質ウレタンフォーム『モイスチャリズム』を開発しました。
 『モイスチャリズム』は、当社汎用フォームやポリエステル綿と比べ、5倍以上の吸湿性があり、また繰り返し使用しても性能が維持されます。このような特長を活かし、特に寝具にこの『モイスチャリズム』を使用することで、ムレによる睡眠の妨げを抑え、快適な寝床内環境を目指した製品を作ることが期待できます。
 『モイスチャリズム』は寝具だけでなく、今後様々な用途への展開を見込んでおり、バリエーションを増やしていく予定です。
 本製品の売上目標は初年度1億円/年としています。

 『モイスチャリズム』の生産・販売とあわせて、通気性・通水性に優れた無膜軟質ウレタンフォーム『テラセル』も本格的に生産・販売を開始いたします。
 寝具業界では素材に通気性・通水性のある網状構造体が使用されることが多くなっています。一方、軟質ウレタンフォームは、セルの膜を取り除いた「ムマック®」が寝具やフィルター用途などに使用されていますが、新製品の『テラセル』は、従来の技術をさらに進化させ、セルの大きさを大幅に拡大(5個/25mm)したことで、より優れた通気性・通水性を実現しました。
 また、復元性に優れ熱によりヘタりにくいので、寝具やフィルター用途だけでなく様々な用途に使用でき、加工性にも優れています。
 本製品の売上目標は初年度1億円/年としています。

※ムマック®はアキレス(株)の登録商標です。

【写真:『テラセル』】

【写真:『テラセル』】

『モイスチャリズム』『テラセル』の主な製品特長は以下の通りです。

『モイスチャリズム』製品概要

製品名 モイスチャリズム
材質 軟質ウレタンフォーム
製品特長

■優れた吸放湿性

他素材や当社汎用フォームよりも湿気を多く吸い、使用していない状態(標準状態)ではしっかりと放出します。(※1)
またマットレスに使用した場合、人が一晩寝ている間にかく汗の量といわれるコップ約1杯程度(230ml)を有し、当社汎用フォームの5倍以上の吸湿効果があると推測されます。(※2)

■持続する吸放湿性

繰り返し使用しても、吸放湿性が維持されます。(※3)

製品ロゴ
物性値
試験項目 モイスチャリズム(SFT)
密度(kg/m²) 40.0±3.2
硬さ(N) 25%圧縮 -
硬さ(N) 40%圧縮 60±16
引張強さ(kPa) 70以上
伸び(%) 150以上
反発弾性(%) 30以上
圧縮残留歪(%) 75%圧縮 10.0以下
繰返圧縮残留歪(%) 定変位 2.5以下

『テラセル』製品概要

製品名 テラセル
材質 無膜軟質ウレタンフォーム
製品特長

■従来品より大きなセル

従来の技術をさらに進化させ、ウレタンフォームのセルの大きさを大幅に拡大したことにより、通気性・通水性を高めました。(※4)

■優れた通気性

有膜の軟質ウレタンフォームに比べ、約11倍以上の通気性があり、無膜化することで大幅に通気性が向上しています。(※5)

■高い復元性

復元性が高く、ヘタりにくいのが特長です。加工性にも優れています。
製品ロゴ
物性値
試験項目 テラセル(TB-SJF)
密度(kg/m²) 30
硬さ(N) 25%圧縮 -
硬さ(N) 40%圧縮 120
引張強さ(kPa) 51
伸び(%) 130
反発弾性(%) 44
圧縮残留歪(%) 75%圧縮 4.2
繰返圧縮残留歪(%) 定変位 1.8

※代表物性値であり、規格値ではありません。