ニュースリリースNews release

2016年:ニュースリリース

「建築基準法 不燃材料認定」を取得!
アキレスジョイント『ステンレスタイプ』強化タイプ
6月1日(水) 新発売
製品情報2016.05.25

MD継手専用 洋風床上排水用ジョイント

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、住宅の衛生陶器配管に使用する継手「アキレスジョイント『ステンレスタイプ』」の施工性を高め、新たに「建築基準法 不燃材料認定(認定番号NM-4178)」を取得した「強化タイプ」を6月1日(水)から発売します。

【写真:アキレスジョイント『ステンレスタイプ』強化タイプ】

【写真:アキレスジョイント『ステンレスタイプ』強化タイプ】

 アキレスジョイント「ステンレスタイプ」は、MD継手とトイレの衛生陶器をつなぐステンレス製のジョイントで、公共住宅の厳しい基準にも適合した防火区画認定品です。硬度のあるステンレス製で「サビない」「熱に強い」「曲げられる」「4タイプの長さ」との特長から2013年の発表より好評を得て都営住宅等の公共住宅で採用されております。
 今回、より設計者が折込みしやすいよう新たに「建築基準法 不燃材料認定(認定番号NM-4178)」を取得し、端部にリブを付け強度をアップし施工性を向上させた「強化タイプ」の販売を6月1日(水)より開始します。
 一般的に販売されているMD継手の締め付け方法はフランジの固定がスクリュータイプですが、ボルト締めタイプも多く見受けられボルトの均等な締め付けが機密性の重要なファクターとなります。
 今回の「強化タイプ」は、フランジのボルト締め付け時に片締めが行われても変形を起こしにくい強度を保有し、パーツの失損率を低下させ施工性をアップさせます。

【写真:MD継手ボルト締めタイプと接続している写真】

【写真:MD継手ボルト締めタイプと接続している写真】

※MD継手…MECHANICAL DRAINAGE(排水鋼管用可とう継手の略)

アキレスジョイント『ステンレスタイプ』強化タイプ の概要は、以下の通りです。

製品名 アキレスジョイント『ステンレスタイプ』強化タイプ
発売日 2016年6月1日(水)
製品規格
(単位mm)
「ANS500A-75RN」(長さ:500・直径:MD継手側φ90.6/衛生陶器側φ103.6)
「ANS400A-75RN」(長さ:400・直径:MD継手側φ90.6/衛生陶器側φ103.6)
「ANS343A-75RN」(長さ:343・直径:MD継手側φ90.6/衛生陶器側φ103.6)
「ANS240A-75RN」(長さ:240・直径・MD継手側φ90.6/衛生陶器側φ103.6)
最大曲げ角度 「ANS500A-75RN」「ANS400A-75RN」「ANS343A-75RN」:90度
「ANS240A-75RN」:30度
対象衛生陶器

TOTO:

「CS230BP」、「CS430P」、「CS325BPR」他(対応パッキンYTR75R等)

LIXIL:

「BC-B10P」、「C18PU」、「YBC-ZA10P」他(対応パッキンCF-11GA等)
製品特長

■「建築基準法 不燃材料認定」を取得(認定番号NM-4178)

■強度を高め施工性をアップ

製品の端部にリブをつけることで、ボルト締め付け時に片締めされても変形を起こしにくい強度を保有し、施工性を高めました。

■硬度を持ちながらも曲げられる

ステンレス製で硬度を持ちながらも、90度の曲げに対応します。
(ANS240A-75RNの曲げ角度は30度です)。

■優れた耐火性能を保持

800度の高温でも耐力と形状保持性を持っています。

■錆・腐食に強い

継手の内外両面に“焼付け塗装”を施すことで、錆・腐食に強く、掃除用の洗剤などの耐薬品性にも優れています。
価格 オープン価格
ホームページ アキレス株式会社HP http://www.achilles-rf.com/joint/