ニュースリリースNews release

2017年:ニュースリリース

走りながら 「リラクゼーション&リカバリー」
がんばる市民ランナー待望のランニングシューズ「MEDIFOAM/メディフォーム」新登場
製品情報2017.02.23

高次元の衝撃吸収性、反発弾性、耐久性を実現した自社開発新素材「MEDIFOAM」搭載

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、自社開発した新ポリウレタン(以下PU)素材・「MEDIFOAM」を搭載し、スポーツ・ランニング障害の軽減に配慮し、走る楽しさを支えるランニングシューズ「MEDIFOAM」を3月下旬より全国のスポーツ専門量販店・スポーツ専門店および靴専門店、有名ECサイト、アキレスウェブショップにて発売を開始いたします。

 日本のランニング人口は1,000万人超、その中で1年以上継続できる人は少なく、多くの人が自己流で頑張りすぎて膝や腰の故障が原因でやめてしまっていると言われております。この解決に向けてアキレスは2014年、ライフスタイルの快適性を視野に入れて「リラクゼーション&リカバリー」のためのシューズ開発に着手。素材メーカーとしてのノウハウを結集し、3年を経てPU素材「MEDIFOAM」を完成し、搭載したシューズも開発いたしました。

 PU素材「MEDIFOAM」は、一般的にソールに使われている素材のEVAやPUと比較して、高次元の衝撃吸収性(EVA比15%向上、他社PU材比13%向上)、反発弾性(EVA比53%向上・他社PU材比5%向上)、耐久性(EVA比約4倍・他社PU材比約3倍)を誇ります。「MEDIFOAM」を靴のミッドソール(中底)に使い、他の素材やパーツを組み合わせることで、歩行・走行時にシューズ内で足がぶれにくくなっています。商品化に至るまでには、スポーツ科学専門家や多数のアスリートによって評価修正、改良を重ねました。これにより、無理せずに楽に走ることができ、あえて速く走ることではなく、走りながら「リラクゼーション&リカバリー」に配慮した市民ランナー待望のランニングシューズが誕生しました。

 デビューモデルのラインアップはユーザーのレベルや使用シーン別に3タイプ10色の展開です。「MFR 1000」は、レースにも対応可能なフラッグシップモデル。「MFR 1010」は、シリアスランナーのセカンドシューズとして。「MFR 1020」はストリートランナーのセカンド・サード用に。それぞれ大人の足の健康とデザイン性を追求しています。価格は税別で9,800円(MFR 1000)と12,000円(MFR 1010、1020)。17年度年間販売目標は約5,000足、取扱店舗は約100店舗を想定しています。   

  • MEDIFOAM

ランニングシューズ「MEDIFOAM」【商品名、色】 MFR 1000、Red 【価格】 9,800円+税 【サイズ】 23.0~29.0cm

ランニングシューズ「MEDIFOAM」

【商品名、色】 MFR 1000、Red 【価格】 9,800円+税 【サイズ】 23.0~29.0cm

「MEDIFOAM」のターゲット市場

日本のジョギング・ランニング人口は1,000万人超。しかし、1年以上継続できている人は少なく、ランナー人口も 減少しています。やめる理由で最も多いのは「自己流、無茶をしてケガ」があげられます。

「MEDIFOAM」のターゲット市場

出典(公財)日本生産性本部『レジャー白書2013』

スポーツ・ランニング障害について

無理なランニングを繰り返すことは、下記のような膝、腰の障害が起こる原因となりえます。

◎踵骨骨端症(しょうこつこったんしょう)

ジュニアアスリートに急増する症状。ランニングなど運動中に踵に繰り返し起こる衝撃による踵の痛み。

◎オスグッド

膝下に炎症が起こり、痛む障害。球技など激しい運動をする中高生に多く見られます。

◎シンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)

十分な筋力が整っていない状態で激しい運動をしたときにおこる脛骨下の痛み。陸上競技の選手に多く発症。

◎椎間板ヘルニア

椎間板の一部が正常の椎間腔を越えて突出、腰痛や下肢の疼痛、しびれなどが起こります。

※その他のランニング障害として足底筋膜炎や疲労骨折、腸脛靭帯炎などがよく知られています。

「MEDIFOAM」とは

Medical(医療の)とFoam(発泡体)を組み合わせた言葉で、衝撃吸収性、反発弾性、耐久性に優れた特性をもつ、アキレス自社開発のPU素材です。

  • 衝撃吸収性が凄い!!
  • 反発弾性が凄い!!
  • 耐久性が凄い!!

グラフの数値は実測値であり保証値ではありません。

共同研究開発・スポーツ科学専門家の「声」

順天堂大学大学院/スポーツ健康科学研究科 バイオメカニクス研究室准教授 柳谷登志雄氏

順天堂大学大学院/スポーツ健康科学研究科 バイオメカニクス研究室准教授 柳谷登志雄氏

私自身、月間200~300キロを走って検証し、実感するのは「長く走るほどいい」ということです。接地時にはかかと部の「ソルボセイン」とミッドソールに配した「MEDIFOAM」が2段階で衝撃を吸収し、蹴り出しとともにEVAとは違うスムーズな反発を得られます。フルマラソンにも履いたのですが、かなりバテる後半も足が無理なく前に出る。体の軸がぶれにくいのが特長ともいえます。記録を求める人も、走ること自体が好きな人も無理なく練習を継続するのにオススメです。「MEDIFOAM」は反発弾性の高さも魅力です。この特性はランニング以外にも生かせると考えています。切り返す動作の多いラケットスポーツでの活用などにも可能性を感じています。

MEDIFOAM

2017年春夏新登場 ランニングシューズ「MEDIFOAM」
商品名 MFR 1000 MFR 1010 MFR 1020
サイズ 22.5~25.0cm 25.0~29.0cm
(Black)
23.0~29.0cm
(Red,
Yellow Green)
23.0~25.0cm 25.0~29.0cm 25.5~29.0cm
色・柄の名称 Black/Purple Black Salmon Pink Black Orange
MFR 1000 Black/Purple MFR 1000 Black MFR 1010 Salmon Pink MFR 1010 Black MFR 1020 Orange
Pink Red Blue White
MFR 1000 Pink MFR 1000 Red MFR 1010 Blue MFR 1020 White
Yellow Green
MFR 1000 Yellow Green
価格 9,800円+税 12,000円+税
発売時期 2017年3月下旬より発売開始
販売 全国のスポーツ専門量販店・スポーツ専門店および靴専門店、有名ECサイト、
アキレスウェブショップ(http://achilles-webshop.com/)など
「MEDIFOAM」アッパー・ソールの3大機能 「MEDIFOAM」アッパー・ソールの3大機能

ソルボセインは三進興産㈱の登録商標です。