ニュースリリースNews release

2017年:ニュースリリース

“見た目はフォーマル、履き心地はスニーカー”を実現するアキレス・ソルボ「Bizシリーズ」に梅雨時でもビジネスマンの足元を軽快にサポートするGORE-TEX®フットウェア 3タイプ新登場製品情報2017.06.19

デザイン性、快適性、耐久性にこだわった国産ビジネスシューズ

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、コンフォートシューズブランド「アキレス・ソルボ」のメンズビジネスシューズ「Bizシリーズ」に、あらたに防水透湿性素材GORE -TEX®(以下ゴアテックス®)ファブリクスを採用したゴアテックス®フットウェア3タイプを2017年春夏モデルに追加、6月中旬より全国の百貨店およびアキレス・ソルボ直営店、アキレスウェブショップにて本格発売を開始いたします。

 アキレス・ソルボ「Bizシリーズ」は、足への負担を約1/3※1にまで軽減する衝撃吸収・圧力分散素材「SORBOTHANE®(ソルボセイン)」搭載を軸に、“見た目はフォーマル、履き心地はスニーカー”をコンセプトにした国産ビジネスシューズです。2014年から国内自社工場で企画生産され、ビジネスマンが求めるデザイン性、快適性、耐久性を実現しています。昨年からラインアップに加えたゴアテックス®フットウェアは、防水性、防風性、透湿性を高次元で実現する素材(ゴアテックス®ファブリクス)をシューズ裏地に採用。緻密に定められたレギュレーションに従い生産されています。

 2017年春夏モデルでのゴアテックス®フットウェアは、JAPANクオリティの「歩きやすさ」に世界的にも評価の高い防水透湿性素材をプラスすることで、憂鬱になりがちな雨の日の仕事も前向きに軽快な足取りで臨めるビジネスシューズです。雨の日でもビジネスには欠かせない礼儀と洗練さを兼ね備えた意匠デザイン、耐久性にも優れ足の動きに合わせて屈曲する靴底、足裏に立体的にフィットして足への負担を軽減する設計に加え、アッパー(甲)の本革(牛革)には撥水加工を施しています。

 2017年春夏モデルの3タイプは、それぞれオーセンティックなデザインで、幅広いビジネスシーンで活躍します。スーツスタイルの定番であるプレーントー(SRM 3180)、黒とコーヒーの2色展開で礼服にもマッチする内羽根ストレートチップ(SRM 3190)、カジュアルなコーディネートも可能なスリップオン(SRM 3200)です。足入れ感の良い細身に見える3E設計でヒール高は約3.5cm。価格は24,000円+税です。

※1 シューズ内部に搭載している「ソルボセイン」単体での評価です。

  • ACHILLES SORBO
  • MEN'S

アキレス・ソルボ「Bizシリーズ」ゴアテックス®フットウェア【商品名、色】 SRM 3190、 黒 【価格】 24,000円+税 【サイズ】 24.0~27.0cm(3E) 【ヒール高】 約3.5cm

足元をドライで快適に保つ。GORE-TEX®ファブリクス

アキレス・ソルボ「Bizシリーズ」ゴアテックス®フットウェア

【商品名、色】 SRM 3190、 黒 【価格】 24,000円+税 【サイズ】 24.0~27.0cm(3E) 【ヒール高】 約3.5cm

  • ACHILLES SORBO
  • MEN'S
アキレス・ソルボ2017年春夏モデル「Bizシリーズ」ゴアテックス®フットウェア
サイズ 24.0~27.0cm(3E)
商品名 SRM 3180 SRM 3190 SRM 3200
色・柄の名称
コーヒー
SRM 3180 黒 SRM 3190 黒 コーヒー SRM 3200 黒
価格 24,000円+税
発売時期 2017年6月中旬より本格発売開始
販売 全国の百貨店、アキレス・ソルボ 横浜元町店、アキレス・ソルボ 吉祥寺店、
アキレスウェブショップ(http://achilles-webshop.com/)など
素材

アッパー  :

本革(牛革)撥水皮革、

ソール:

ポリウレタン

シューズ裏地:

防水性、防風性、透湿性を備え足元を快適に保つゴアテックス®ファブリクス
ヒール高 約3.5cm
インソール

カップインソール:

履き心地にも優れた取り外し可能な立体形状のインソール(中敷き)。
かかと部に衝撃吸収・圧力分散性に優れた「SORBOTHANE®」を搭載。
機能詳細 1:SORBOTHANE
2:ANATOMY解剖学に基づいた立体成型構造で、足裏にやさしくフィットし、長時間歩いても快適な履き心地が続きます。 3:SOFT & FLEXIBLE柔らかな本革を採用。一体成型のポリウレタンソールが足裏の動きに対応し、自然な歩行をサポートします。 4:LIGHT発泡したポリウレタンをソールに採用することで、軽さ※3と弾力性を実現。
※3:ラバー底と比較