ニュースリリースNews release

2017年:ニュースリリース

『ThermoPhase(サーモフェーズ)』2017年11月10日から発売製品情報2017.10.30

快適な体感温度へとコントロールするウレタンフォーム

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、四季を通じて快適な体感温度へ調節するウレタンフォーム『ThermoPhase(サーモフェーズ)』を、2017年11月10日から発売します。

【写真:『ThermoPhase(サーモフェーズ)』】

【写真:『ThermoPhase(サーモフェーズ)』】

 近年、睡眠に満足していない人が増えています。厚生労働省が発表した「平成27年 国民健康・栄養調査」によると、日中眠気を感じたり、睡眠途中で目が覚めてしまうなど、成人の5人に1人は睡眠に満足していないという結果が報告されています。こうした背景を受け当社では、睡眠の質を保つために適しているとされる“33℃前後の寝床内温度※1”に着目し、快適な体感温度にコントロールすることで、より良い睡眠をサポートする寝具素材の開発を進めてきました。
 このたび発売する新製品『ThermoPhase(サーモフェーズ)』は、人が快適に感じられるよう体感温度を32±1℃へと働きかける温度調節機能をもったウレタンフォームです。
 寝具に使用した場合、夏場は入眠時の寝床内温度の上昇を抑制、冬場は寝具表面温度低下を抑制し、一年を通して快適さを提供します。また、カバーや衣類※2などを介しても、その効果を発揮することは確認されています。

 『ThermoPhase(サーモフェーズ)』には、当社が長年にわたり取り組んできたウレタンフォームの開発・生産技術が生かされています。ウレタンフォームの表面にPCM※3マイクロカプセルをコーティングすることで、ウレタンフォームの持つ特性を損なうことなく、温度調節機能の付与を可能にしました。今後、寝具以外にもソファやラグなどの家具・インテリア用途、メディカル、雑貨などに向けて、その温度調節機能を生かした商品への展開も検討していきます。

※1:厚生労働省が平成26年に発表した「健康づくりのための睡眠指針2014」によると、「寝床内で身体近傍の温度が33℃前後になっていれば、睡眠の質的低下はみられない」と示されています。

※2:カバーや衣類の厚みや種類、使い方によって効果が感じにくくなることもあります。

※3:「PCM」とは、「Phase Change Material」の略語で、相転移材料を指します。外部の熱の作用により、固体⇔液体間の可逆的な相変化(相転移)を繰り返し、 固体状態のものが融解する際には熱を吸収し、液体状態のものが凝固する際には、吸収した熱を放出します。

【ご参考】夏場/冬場の環境下での寝床内温度の検証

夏場
  • 未使用
    未使用
  • ThermoPhase
    (サーモフェ-ズ)
    ThermoPhase(サーモフェ-ズ)

28℃環境下で10分間仰向けに寝たのち、起き上がった直後の背中とマットレスの表面温度をサーモグラフィーで撮影。ThermoPhase(サーモフェ-ズ)では背中の 温度上昇が抑えられている。

冬場
  • 未使用
    未使用
  • ThermoPhase
    (サーモフェ-ズ)
    ThermoPhase(サーモフェ-ズ)

17℃環境下で30分間仰向けに寝たのち、寝具を離れた直後のマットレス表面の温度をサーモグラフィーで撮影。 ThermoPhase(サーモフェ-ズ)ではマットレス表面温度の低下が抑えられている。

『ThermoPhase(サーモフェーズ)』の製品概要は以下の通りです。

製品名 ThermoPhase(サーモフェーズ)
発売日 2017年11月10日
製品特長

■温度調節機能をプラスオン

ウレタンフォームにPCMマイクロカプセルをコーティングし、ウレタンフォームの特性を損なうことなく、温度調節機能の付与を可能にしました。

■一年を通して快適さを提供

寝具に使用した場合、夏場は肌の温度上昇を抑え、冬場は寝床を離れた直後の寝具表面の温度低下を抑制し、一年を通して快適さを提供します。
商品ロゴ ThermoPhase
販売先 寝具、家具・インテリア、メディカル、雑貨等の分野
販売目標 初年度1億円