ニュースリリースNews release

2018年:ニュースリリース

『グラレス スクエア』
2018年5月21日(月)受注受付開始
製品情報2018.05.18

狭い場所に設置されたプリンタや研究分析機器などの地震対策に室内用小型免震装置『グラレス』をさらにコンパクト化

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、地震の揺れによる被害を軽減する室内用小型免震装置『グラレス』をさらに小型化し、狭いスペースでも設置が可能となる『グラレス スクエア』の受注受付を、2018年5月21日(月)から開始します。

【写真:グラレス スクエア】

【写真:グラレス スクエア】

 アキレスでは2015年1月より室内用小型免震装置『グラレス』の販売を開始し、免震のメカニズムを室内向けに展開。コンパクトでシンプルな構造でありながら、地震によるグラつきから積載物の転倒、落下などの被害の軽減を実現しました。
 また、2016年11月からは『グラレス ホールドタイプ』の販売を開始、ホールド加工(特許出願中)を採用し、例えばプリンタの場合、用紙交換などの通常動作を阻害せず、大きな振動が発生した場合のみ免震機能を発揮することにより、大型オフィス用品への利用を浸透させました。
 今回発売する『グラレス スクエア』は、従来型製品の免震機能を引き継ぎつつ、形状を丸型から四角へ変更し、さらなる小型化と設置の容易さを実現。オフィスの複合プリンタや研究施設の分析装置など高価な機器類が設置されることが多い、狭いテーブルや袖机でも利用可能な省スペース向けの地震対策商品です。

  • 【従来型製品『グラレス ホールドタイプ』】【従来型製品『グラレス ホールドタイプ』】
  • 【新製品『グラレス スクエア』】【新製品『グラレス スクエア』】

 試験機関にて行った性能評価では、地震発生時を想定した入力加速度600gal、震度7相当で最大約80%減衰という、高い免震性能が得られています。なお、『グラレス スクエア』の免震機能については、5月下旬より当社ホームページ内にて、動画でご覧いただけます。
※当社性能評価に基づく試験データであり保証値ではありません。

 また、衝撃吸収力と圧力分散性能に優れた高機能素材ソルボセインを採用することで、微振動や衝撃を吸収。底面の脚部位置による設置時のガタつきも防止します。

『グラレス スクエア』の製品概要は以下の通りです。

製品名 グラレス スクエア
発売日 2018年5月21日(月)より受注受付開始
製品特長

■入力加速度600gal、震度7相当で最大約80%減衰する免震性能

従来品よりも更なる小型化を実現し、オフィスの複合プリンタや研究施設の分析装置が使用される狭いスペースでも設置が可能な室内用小型免震装置です。
※地震発生時を想定した当社性能評価データ

■高機能素材ソルボセインを採用

微振動や衝撃を吸収。底面の脚部位置による設置時のガタつきを防止します。

■通常時は免震作動しにくいホールド機能

プリンタなど機器類の通常操作を阻害せず、大きな振動が発生した場合のみ免震機能を発揮します。また、強力なバネにより免震作動後に元の位置に戻ります。
サイズ 外寸:145±2mm 設置部分φ81mm 可動範囲52mm
厚み:43±2mm
積載重量 最大120kg/4個(1個あたり最大30kg)
入数 2個
希望小売価格 オープン価格
販売先 プリンタメーカー、研究分析機器メーカー、保守サービス会社 など