ニュースリリースNews release

2019年:ニュースリリース

米国ランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」
アキレスより2020年春夏シーズンから発売を開始
製品情報2019.04.11

日本国内総輸入代理店・伊藤忠商事株式会社と日本国内におけるシューズ総販売代理店契約を締結

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:鈴木善久、以下「伊藤忠商事」)と、世界有数の米国ランニングシューズブランド「BROOKS(ブルックス)」の日本国内におけるシューズ総販売代理店契約を締結いたしました。2020年春夏シーズンから発売を開始いたします。

 「BROOKS」は、1914年米国ペンシルバニア州創業で100年超の歴史を持ち、1970年代には世界初のEVAソールを使ったシューズを開発。2018年には米国ランニングシューズ専門店における大人用ランニングシューズカテゴリー(販売価格:100ドル以上)でNo.1のシェアを誇ります。性別や年齢、レベルを問わず、日常のランニングが身体と心に良い変化を与える“RUN HAPPY”を社是に、ランニングがライフスタイルとして根付く米国で最も支持されているブランドです。※出典 NPD's Retail Tracking Serviceによる

 アキレスはプラスチック加工をコア技術として、各種B to B商材からシューズなどのB to C商品にいたるまで、素材の開発、加工を軸に進化をし続けるメーカーです。蓄積してきた多彩な技術をベースに、時代のニーズを捉え、靴づくりの真髄を市場に発信しています。また、これまでにも著名な海外シューズ ブランドのいくつかを日本国内に広めた実績があります。

 「BROOKS」の魅力は、数多くの革新的な技術が生み出す機能性です。同じ足のサイズでも大きな体のランナーにはクッション性が弱すぎ、逆に小さな体のランナーにはクッション性が強すぎるなどの問題を解決したクッショニングシステム「DNA」は、ランナーの体格やスピードの違いを認識し、柔らかいクッションから強い反発性まで、自動的に快適なクッションへ変化します。「BROOKS」独自のテクノロジーで世界中のランナーに支持されています。アキレスは2017年から独自開発素材を搭載した“走るリカバリーシューズ”でランニング市場に本格参入。ランナーが抱える問題を素材や機能によって解決する企業姿勢は相通じるものがあります。スポーツやランニングの機運が盛り上がる中、アキレスは今回の契約締結によるシナジー効果の創出を狙い、「伊藤忠商事」とのアライアンスを通じて「BROOKS」ランニングシューズの日本国内ディストリビューションの取り組みを加速させていきます。また、ランニングを通じてより多くの皆様の健康をサポートしていきます。