ニュースリリースNews release

2019年:ニュースリリース

“一歩をつつむ、心をほどく。” レザーシューズ 「アキレス・ソルボ」から
“履いた瞬間に感動する柔らかさ”を実現した
女性用ラムレザー(羊革)ブーツ登場
製品情報2019.10.02

寒い季節に足裏から足首まで柔らかくつつみこむ一足

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、“一歩をつつむ、心をほどく。”をコンセプトにしたレザーシューズ「アキレス・ソルボ」に、足裏から足首までつつみこむ柔らかさを実現した女性用ラムレザー(羊革)ブーツ「SRL 4050」を10月上旬より全国の百貨店および靴専門店、アキレス・ソルボショップ、有名ECサイト、アキレスウェブショップにて本格発売を開始いたします。

 レザーシューズブランド「アキレス・ソルボ」は高品質な革と仕立ての良さにこだわり、履く人の魅力を引き立たせる一足を作り続けています。今回の「SRL 4050」は“履いた瞬間に感動する柔らかさ”を実現するために、ラムレザーの中でも、極上の柔らかさが特長の「エントレフィーノ」をアッパー(甲)に採用。靴底との一体成型に熟練した技術が必要とされるため国内で生産しています。

 「アキレス・ソルボ」18年秋冬モデル登場のラムレザーシューズは、履いた瞬間に体感できる柔らかさが店頭での差別化につながり、高い評価を受けました。「SRL 4050」はこのブーツタイプとして19年秋冬モデルにラインアップ。インソール(中敷き)やライニング(靴内裏地)には起毛素材を使用、これに「アキレス・ソルボ」の快適に歩ける機能性を合わせることで、足裏から足首までつつみこむ柔らかさを実現しています。

 ラインアップは1タイプ4色(レッドブラウン/コーヒー、マスタード、ダークブルー、黒)。外観はシンプルな外羽根タイプで様々な足幅に合わせやすく、サイドファスナー付で脱ぎ履きも容易。撥水加工された革材料を使用し、お手入れのしやすさにも配慮しています。片足約230g(23.0cm時)と軽量。ヒール高は約4.5cmでスタイルアップも期待できます。価格は24,000円+税です。

※上質なラムレザー(羊革)の産地として知られるスペインの中でも特に涼しい高地であるピレネー山脈で飼育された羊から採れる革で、他の産地の羊に比べて毛が細く、肌理(きめ)が細かい。

  • ACHILLES SORBO
  • LADIES'

アキレス・ソルボ2019年秋冬モデル・女性用ラムレザーブーツ

アキレス・ソルボ2019年秋冬モデル・
女性用ラムレザーブーツ

【商品名、色】 「SRL 4050」、レッドブラウン/コーヒー 【価格】 24,000円+税
【サイズ】 22.0~25.0cm (3E) 【ヒール高】 約4.5cm

  • ACHILLES SORBO
  • LADIES'
アキレス・ソルボ2019年秋冬モデル・女性用ラムレザーブーツ
サイズ 22.0~25.0cm (3E)
商品名 SRL 4050
色・柄の名称
レッドブラウン/コーヒー マスタード ダークブルー
SRL 4050 レッドブラウン/コーヒー SRL 4050 マスタード SRL 4050 ダークブルー SRL 4050 黒
価格 24,000円+税
発売時期 2019年10月上旬より本格発売開始
販売 全国の百貨店および靴専門店、アキレス・ソルボショップ、有名ECサイト、
アキレスウェブショップ(http://achilles-webshop.com/)など
素材 アッパー ピレネー山脈で飼育された羊から採れる上質なラムレザー「エントレフィーノ」を贅沢に使用。撥水加工を施し、お手入れのしやすさにも配慮。
ソール ポリウレタン
ソールかかと部 衝撃吸収・圧力分散性に優れたソルボセインを搭載。
※SORBOTHANE、ソルボセインは三進興産(株)の登録商標です。
靴内裏地 体から出る水蒸気や湿気を吸収し、発熱する素材を採用。
爪先部分には足あたりのよい起毛素材を使用。
インソール 表面 肌触りの良いソフトな起毛素材。
裏面 へたりにくく、衝撃吸収性と耐久性の高いウレタンフォームを使用。
重量 約230g(23.0cm時/片足)
ヒール高 約4.5cm
機能詳細 “一歩をつつむ、心をほどく。
”レザーシューズ 「アキレス・ソルボ」の歩きごこちのヒミツ。

①「ソルボセイン」が衝撃を吸収します。

①「ソルボセイン」が衝撃を吸収します。かかと部分に入っているのは医療分野でも使用されている特殊な素材「ソルボセイン」。衝撃吸収力に優れ、電球に乗せて上からハンマーで叩いても電球にヒビひとつ入りません※1。このソルボセインが足への負担を約1/3にまで軽減し※2、さらに体圧を分散するので長時間歩いても快適なまま。膝や腰にも負担がかかりにくいのです。

  • ※1 電球の上に厚さ30mmのソルボセインを置いた場合の実験結果
  • ※2 シューズ内部に搭載している「ソルボセイン」単体での評価

②解剖学(アナトミー)に基づく設計。

②解剖学(アナトミー)に基づく設計。日本人の足を分析し、疲れや加齢で下がりやすい足裏のアーチを理想的な形に持ち上げる立体構造にたどりつきました。革、ソール、ソルボセイン、すべての素材が一体になって足をやさしくつつみこみます。

③上質な本革だけを使用しています。

③上質な本革だけを使用しています。品質のよい柔らかな本革にこだわり、豊富なカラーも用意。足をやさしくつつみこみます。

④柔らかく反発性もあるウレタンソール。

④柔らかく反発性もあるウレタンソール。ソールには独自の技術で柔らかく仕上げたポリウレタンを使用。クッション性が高く、足裏の動きにフィットします。

⑤職人の目と手で仕上げられています。

⑤職人の目と手で仕上げられています。柔らかな革の革目を職人が見極め、シワや曲がりが出ない方向に裁断します。柔らかい素材同士を一体にするのにも、職人の手仕事が欠かせません。目に見えない部分の縫製も丁寧に行って履き心地を高めています。