ニュースリリースNews release

2020年:ニュースリリース

「アキレス飛沫防止フィルムⅡ」
9月中旬より常備在庫販売へ
製品情報2020.08.04

新型コロナウイルス感染拡大長期化をうけ、付け替え需要に対応しリニューアル

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、新型コロナウイルス感染拡大の長期化を受け、2020年5月に上市した「飛沫感染対策用フィルム」をリニューアルした「アキレス飛沫防止フィルムⅡ」を9月中旬より常備在庫販売を開始いたします。
 4月に発令された緊急事態宣言を受け、大手コンビニエンスストアなどで飛沫防止シートの設置が始まり、5月には政府の“新しい生活様式”専門家会議からの提言として、“人と人が対面する場所は、アクリル板・透明ビニールカーテンなどで遮蔽する”ことが挙げられ、公共施設の窓口や小売店舗のレジなどを中心に、飛沫感染防止対策が広がっています。
 一方で、6月に消防庁より“飛沫防止用のシートに係る火災予防上の留意事項について”の通達が出され、防火対象物関係者に周知されるべき留意事項の一つとして、“必要に応じて難燃性又は不燃性のものの使用を検討すること”が指摘されました。
 こうした市場動向に先んじて、4月に当社は「アキレス飛沫感染対策用フィルム」の限定生産・販売をしてまいりました。以後、需要の拡大・長期化が進み、それに加え防炎仕様への関心の高まりや、付け替え需要が生じ、“現・設置フィルムのメーカーや仕様がわからない”という声も増えてきています。そこで、市場の要望に応えるため、防炎性能はそのままに、製品にプリントマークを施しリニューアル、製品名を「アキレス飛沫防止フィルムⅡ」として常備在庫販売を決定しました。

  • ※ここでの難燃性又は不燃性は、“燃えにくい”を指します。

『飛沫感染対策用 アキレス飛沫防止フィルムⅡ(ラベル)』

『飛沫感染対策用 
アキレス飛沫防止フィルムⅡ(ラベル)』

「アキレス飛沫防止フィルムⅡ」
製品概要

製品名 アキレス飛沫防止フィルムⅡ
発売日 2020年9月中旬
製品特長 ■防炎性:消防法施行令第4条の3に適合
公益財団法人・日本防炎協会認定品(試験番号:AT900080)
■軟質性:柔らかい素材で、ハサミやカッターナイフで簡単にカット可能
■透明性:視認性を保持(光線透過率80%以上)
■間仕切りに適切な規格と、プリントマークにより、判別性がアップ製品端部から約10cmの位置(片側のみ)に、透明色のプリントマーク“防炎フィルム・アキレス”を565mm(文字幅含む)のピッチにて印字
製品仕様 厚さ0.3mm×幅137cm×巻数30m  重量 約19kg/本
青味系透明色
価格 オープン価格
販売地域 日本国内
  • ※本品は、病気の治療や予防を目的とするものではありません。