エアロンFR-FO
2/4

「アキレスエアロンFR-FO」は、地球温暖化係数(GWP)の低い新しい発泡剤(HFO)を使用することで従来のノンフロン品と同様環境面の負荷を軽減しながら、さらに断熱性能を向上させた吹付け硬質ウレタンフォームです。■ 「アキレスエアロンFR-FO」の特長新発泡剤を使用することで地球環境に優しく、HFC(ハイドロフルオロカーボン)と同等の熱伝導率(0.026W/m・k)を実現しました。従来のノンフロンタイプと比較して断熱厚みが軽減され、室内空間に余裕ができます。また施工時の納まりも改善されます。発泡剤はHFO(ハイドロフルオロオレフィン HFO-1233zd)を使用。フッ素化合物ですがフロン類とは区別されます。ODP(オゾン層破壊係数)= 0   GWP(地球温暖化係数)= 1と環境面も十分考慮しています。発泡剤の変遷と物性(HFCは温室効果ガスです)現在一般的に使用されているHFCはオゾン層は破壊しませんが、京都議定書では温室効果ガスに分類されています。● ODP(オゾン層破壊係数)とは?大気中に放出された単位重量の物質がオゾン層に与える破壊効果を、CFC-11(トリクロロフルオロメタン、CCl3F)を1.0とした場合の相対値。● GWP(地球温暖化係数)とは?二酸化炭素を基準にして、ほかの温室効果ガスがどれだけ温暖化する能力があるか表した数字のことです。すなわち、単位質量(例えば1kg)の温室効果ガスが大気中に放出されたときに、一定時間内(例えば100年)に地球に与える放射エネルギーの積算値(すなわち温暖化への影響)を、CO2に対する比率として見積もったものです。 HFOはGWPが低い新発泡剤です。ODP:オゾン層破壊係数  GWP:地球温暖化係数発 泡 剤発泡剤の物性000008588041111HFC245faHFC365mfcc-ペンタン(HC)炭酸ガス(CO2)HFO-1233zdODPGWP(100年値)京都議定書管理物質ノンフロン(HC, CO2)代替フロン(HFC)新発泡剤(HFO)優れた断熱性能環境対策新発泡剤による吹付け断熱システム

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です