アキレスエアロンカタログ
13/28

12ブロック製造工程ロングスライス工程θθ:コンベア角度アキレスエアロンは、英国ICI社との技術提携により、昭和37年に商品化したポリエーテルタイプのウレタンフォームで、アキレスが生産販売をするポリウレタンフォームの商品名です。アキレスは常に業界の先端をゆく最先端技術と設備を駆使し、厳重な品質管理の下、各用途にマッチする様々な商品を開発。家庭用品から車両資材、産業資材に至る広範囲に活躍し、その優れた品質は多分野で実証されています。特に、独特の特長を持つ多彩な商品群は「製品の魅力を増す、最適素材が選べる」と好評で、多くの皆様から多大な信頼をいただいています。4. アキレスエアロンの特長●アキレスエアロンは、軽く、柔軟性に富み、優れたクッション性、保温性、緩衝性、吸音性など、色々な特長を備えた微細セル構造の発泡体です。●裁断、切削、打ち抜き、プロファイル加工、熱圧縮成形、接着など、色々な加工が容易にでき、さまざまな用途にお応え出来るよう、軟質から半硬質タイプまで、数多くの製品を取り揃えております。●特注によるオーダー品も生産し、各種色物も取り揃え、更に一般のカット製品、ロング製品、あるいは種々の特殊形状品も対応可能な事から、加工面での優位性が図れます。5. アキレスエアロンの製造工程アキレスエアロンは、石油化学製品のポリエーテルポリオールとポリイソシアネートを主剤とし、発泡剤、整泡剤、触媒、その他添加剤などと規定比率に混合し、化学反応による樹脂化反応と泡化反応を伴い製造される微細な無数の気泡を有するプラスチックフォームです。現在量産しているアキレスエアロンは、移動するコンベア上に連続的に混合液を吐出する方式にて大型のスラブ発泡機で生産しています。配合の調整によりフォームの性能が種々変化し、また、着色剤(顔料)を添加して各色のフォームが生産出来ます。アキレスエアロンは、製品の裁断の長さによって短尺(ブロック)と長尺(ロング)の2種類に大別されます。1.原料2.計量3.撹拌、混合4.発泡5.裁断6.ボトムペーパー1.ベルト2.フォーム3.スライス4.巻き取り3. アキレスエアロンとは…12233445611111. 石油化学製品の流れとポリウレタンフォームの原材料2. ポリウレタンフォームとは…3. アキレスエアロンとは…4. アキレスエアロンの特長5. アキレスエアロンの製造工程

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です