アキレスエアロンカタログ
15/28

141. ポリエーテルフォームとポリエステルフォーム2. プラスチックフォームの特性2. プラスチックフォームの特性■ プラスチックフォーム物性■ 主なプラスチックフォームの適正接着剤ポリウレタンフォームポリエチレンフォームポリプロピレンフォームポリスチレンフォームポリ塩化ビニルフォーム主な適正接着剤クロロプレンゴムA○○B○スチレンブタジエンゴムA○○○B○○○D○○○F○○○再生ゴム・天然ゴムA○B○○○ブチルゴムA○○○D○○○F○○○酢酸ビニルA○B○酢ビ共重合体A○B○○D○○○○E○試験項目単位ポリエチレンフォームポリプロピレンフォームポリスチレンフォームポリ塩化ビニルフォーム(架橋)(無架橋)形状―シートブロックシートブロックシートブロックシート代表製品密度g/cm30.030.0350.030.020.1気泡構造̶独立独立独立独立独立気泡径̶小大小小小引張強さkPa300200320200550伸び%15080200090圧縮硬さN/cm2435252圧縮永久歪%55720̶柔軟性̶中中中小中最高使用温度℃80701207060熱伝導率W/m・k0.0350.0410.0330.0350.043燃焼性̶易燃易燃易燃易燃(黒煙)自消性吸水性̶極小極小極小小極小耐油性̶優良優悪優耐薬品性̶優秀優秀優秀悪優耐候性̶優秀優秀優秀良良熱加工性̶優秀可優秀良優秀高周波加工性̶不可不可不可不可可A:溶剤系 B:エマルジョン系 C:反応系 D:ホットメルト系 E:フィルム、ウェブ(ホットメルト) F:粘着テープ塗布量、塗布方法等の作業条件は、各プラスチックフォームの性質を熟知した上で決めてください。ポリウレタンフォームポリエチレンフォームポリプロピレンフォームポリスチレンフォームポリ塩化ビニルフォーム主な適正接着剤アクリル樹脂B○○○○C○F○○○○ポリウレタンA○○○C○○D○○ニトルゴムA○エポキシ樹脂C○○ニトリルゴムA○ポリアミドD○E○ポリエステルA○D○シアノアクリレート○

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です