フィルム総合カタログ2016年
22/40

22高透明(粉なし)軟質POフィルム印刷適性に最も優れたポビックの新しい透明仕様です。粉ふり処理をしていないため、自動式高周波ウェルダー溶着加工機向けに特化しています。加工機中の粉溜まりの心配がなく、大量生産に適した製品です。※透明度は従来品と同等です。■ POViCシリーズ初の粉無し透明仕様で、自動式高周波ウェルダー加工機にも対応■ POViCシリーズ史上、最も優れた印刷適性※印刷面は巻外側です。■物性表■在庫規格表製品名仕様規格組成透明度耐傷付き性コロナ処理粉ふり幅(cm)厚さ(mm)巻数(m)色相アキレスPOViC-T neoPP/EVA/PP○(両面ツヤ)ー片面(巻外)なし1000.15100トウメイ0.2100トウメイ0.350トウメイアキレスPOViC-TPP/EVA/PP◎(両面ツヤ)あり両面あり1000.15100トウメイ0.2100トウメイ0.350トウメイ一般物性製品名アキレスPOViC-T neoアキレスPOViC-T測定方法厚さ(mm)0.150.20.30.150.20.3100%モジュラス(N)タテ10111591116JIS K 6732準用ヨコ710137915抗張力(N)タテ5069 1015273103ヨコ48 66 975167101伸び(%)タテ657 732 761 638 713 792 ヨコ787 793 811 829 798 793 直角引裂(N)タテ141723131625ヨコ141724131725耐寒性(℃)-50℃まで割れ無し-50℃まで割れ無し-50℃まで割れ無し-50℃まで割れ無し-50℃まで割れ無し-50℃まで割れ無しJIS K 6772準用HAZE(%)4.9 7.8 4.9 2.4 1.9 3.4 アキレス法(旧JIS K 7105準用)数値は実測値の一例であり、保証値ではありません。 ※上記規格以外につきましてもお問い合わせください。コロナ処理とは、プラスチックフィルムなどの表面をコロナ放電照射により改質させる表面処理技術です。濡れ性(濡れ張力)が向上し、印刷特性などが改善されます。濡れ張力とは、プラスチックフィルムに印刷したりコーティングを施したりする際に、これを保持する能力を示す一つの尺度であり、濡れ指数(ダイン指数)などで表記されることがあります。ダイン数が大きいほど塗りやすい(濡れやすい)ということになり印刷や塗工をする際に有効です。●コロナ処理、濡れ張力(濡れ性、ダイン数)  高透明(粉ふり)軟質POフィルム《アキレスPOViC-T》からのリニューアル。従来の透明仕様から、高周波溶着適性と透明度を向上させた仕様です。シリーズ中、最も透明性に優れ、名札・カードケースに適した硬さに設計しています。粉ふり処理・表面処理を施しているため表面滑性に優れ、手加工にも適した製品です。■ POViCシリーズ史上、最も透明性に優れたフィルム     ■ 粉ふり仕様による良質なスリップ性■ フィルム表面は高い耐傷付き性を保持New+プラス+プラス

元のページ  ../index.html#22

このブックを見る