ソフトパーティション総合カタログ2018
15/28

ビニール・カーテンのクリーニングはどのようにしたらよいでしょうか?IPA等の有機溶剤で拭いたら、カーテンが白濁してしまいました。水に濡れたまま放置したら白く曇ってしまいました。水で薄めた中性洗剤を含ませたタオル等で拭き取ってください。溶剤類のご使用は、劣化が促進される場合がありますのでお避けください。IPAに限らず有機溶剤は、一般のビニール・カーテンの劣化を著しく早めます。絶対に使用しないでください。軟質塩化ビニールの成分中に水分を吸収し易いものがありますが、白濁は乾けば解消します。一時的な問題であればビニールの品質に問題はありません。 アキレスフィルムなるほど豆 知 識4在庫規格表項目防虫フラーレ色オレンジ厚さ[mm]0.30.51.0幅[cm]183137137巻数[m]302010防炎性消防法施行令第4条の3に適合《アキレス 防虫フラーレ》は〈フラーレ〉の優れた防炎性能はそのままに、工場などの照明に含まれる紫外線をカットして夜間光に集まる虫を減らす効果を発揮します。代表的性能■消防法施行令第4条の3に適合■酸素指数27以上(JIS K 7201 準用)防虫効果の仕組み夜間光に寄ってくる虫は、人間には見えない主に紫外線域の光に感応して集まって来ます。アキレス独自の技術により虫の眼に光と感じる波長域をカット、快適な作業空間を損なうことなく優れた防虫効果を得ることができます。(注)この原理による防虫効果は光に集まる習性のある昆虫にのみ有効です。熱や臭気などに集まる虫には効果がありません。昆虫の視感度    人の視感度1.00.50視感度↑ フラーレ防虫フラーレ300 400 500 600 700 →波長[nm]0100500↑          透過率﹇%﹈↑紫外線          可視光線全光線透過率グラフ波長と昆虫の感応度“防虫効果”を実験しました。実験はテストフィルムを透過した光に向かって飛んできた昆虫が落下したものを、下部の水槽で捕獲する方法を採りました。虫が好むブラックライトを〈ミエール防虫タイプ〉で覆ったものと、厚さ0.3mmの透明フィルムで覆ったものを比較したものが右の写真です。〈ミエール防虫タイプ〉にはほんのわずかしか虫が集まらず、防虫効果が実証されました。防虫タイプアキレスのビニール・カーテンは全ての食品関連工場で使用しても大丈夫でしょうか?乳製品の乳脂肪は様々な臭気を吸収しやすい性質があり、通常の間仕切りとして使用する場合も、かすかなビニール臭が移る場合があります。包装前の乳製品と同じ環境内で使用するのはお避けください。▶REACH規則及びRoHSⅡ指令対応Soft partition 15

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る