ソフトパーティション総合カタログ
18/24

貼り方 ❶ガラスの大きさより10%程度大きめのビニラスを準備してください。❷ガラスをきれいに拭いて、霧吹きなどでガラスの表面に水滴を付け❸離型紙からはがしたビニラスを、離型紙側をガラス面に向けて貼ります。❹上からプラスチックの板などで中央から端にむけて水と空気をすきだします。❺ガラスからはみ出した部分をカッターナイフなどでカットします。ビニラス・透明ビニラス・ダークグレービニラス・スモークビニラス・オレンジ300 400 500 600 700 →波長[nm]100500透過率﹇%﹈↑紫外線          可視光線全光線透過率グラフ設計施工、ご使用時の注意①表面が平滑なガラスに貼れます。曇りガラスや型ガラス、曲面には不向きです。②軟質塩化ビニールは他のプラスチックと長時間接触すると可塑剤の移行により表面を汚染する場合があります。プラスチックに貼りたい場合は代理店に適否をご確認ください。③《アキレスビニラス》は飛散防止フィルムとしてはご使用になれません。透明オレンジスモークダークグレー注意①直接日光の当たる所では使用しないでください(ガラスが割れる可能性があります)。②熱割れのおそれがありますので、「網入りガラス」には使用しないでください。また、使用場所、ガラスを選定してください。③しっかり貼るために、施工は専門業者にお任せください。④物性、外観は軟質塩化ビニールに準じます。表面固有抵抗率1010Ω(オレンジ実測値)レベルの帯電防止性能と優れた紫外線遮蔽性能を兼備するクリーンルーム対応自己粘着塩化ビニールフィルムです。平滑なガラス表面に貼るだけで帯電防止の紫外線遮蔽ガラスとなります。粘着剤を使用しないので、剥がしたあとも糊による汚染もありません。熱線遮蔽粉を配合することで室内の明るさを確保するため、必要な透明性を維持します。窓に貼るだけで太陽光線の約50%を占める近赤外線を効果的に遮蔽し、高い透明度を維持しながら、快適な室内空間と省エネを実現します。帯電防止・紫外線吸収・自己粘着タイプ高透明遮熱・自己粘着タイプ在庫規格表項目ビニラスサーミオンクリア色透明、オレンジ、スモーク、ダークグレーー厚さ[mm]0.20.2幅[cm]100100巻数[m]1020防炎性ーー代表的性能■熱エネルギーの原因となる近赤外線を約50%カットの遮熱性能■紫外線カット率約99%■自己粘着性室内空間の快適性を向上アキレスサーミオンクリアの分光透過率屋外室内紫外線可視光線近赤外線アキレスサーミオンクリア約75%約50%0.1%以下窓の片面はガラスのみ、片面には「アキレスサーミオンクリア」を貼り、その窓を通して日が射してくる床面をサーモグラフで撮影しました。「アキレスサーミオンクリア」を貼った場合、日向の床面温度が最大8℃低下しました。1009080706050403020100250  500   750  1000  1250  1500  1750  2000波長(nm)透過率(%)可視光線近赤外線紫外線遮熱性能左窓:サーミオンクリア貼付ガラス日向床面温度右窓:ガラス日向床面温度 39.5 39.5 42.5 42.5 45.5 45.5 48.5 48.5 51.5 51.5 54.5 54.5 57.5 57.5 60.5 60.5 63.5 63.5(100.0)(-20.0)製品断面図遮熱フィルム0.2mmセパレーター18 Soft partition

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る