断熱リフォームカタログ
4/12

3壁面への断熱リフォーム【内断熱】内断熱工法は壁など躯体の内側に断熱材を設ける工法で、1棟まるごと断熱する場合よりも、住宅の部分(ゾーン断熱)、部屋ごと(1部屋断熱)あるいは部位ごとの断熱リフォームに適した工法です。断熱リフォームした区域と外気との熱の移動が少なくなるので、暖冷房の効きがよくなり省エネに寄与するほか、部屋の暖かさ、涼しさを維持し快適さの向上が可能になります。室内の既存内装材の上から断熱複合パネルを施工するだけで断熱・内装下地工事が完了します。既存壁をはがさないので、工期短縮が図れ、住まいながらの断熱リフォームも可能です。既存内装材を撤去し、断熱複合パネルを下地材へ直接留付けたり、下地材の間へ断熱ボードを充填施工する方法です。既存壁への上張り断熱リフォームと比較し大掛かりな工事となりますが、壁内部の状態を確認でき、床との取り合い部に気流止めを設置する工事も同時に可能です。アキレス準不燃NDパネル、アキレスHCパネル*既存下地材の条件により施工不可の場合もあります。対応製品対応製品アキレス準不燃NDパネル、アキレスHCパネル、各種アキレスボード下地材への断熱複合パネル施工例※上張り断熱リフォームでは、目地部から壁内部への湿気の流入を防ぐ措置が必要です。 詳しくは上張り断熱改修施工要領書をご確認ください。壁面への取付け方法※既存木下地(柱、間柱等)墨線既存下地ボード断熱複合パネル(室内側石膏ボード面)既存壁への断熱複合パネル上張り施工例

元のページ  ../index.html#4

このブックを見る