先輩社員インタビュー

  1. ホーム
  2. 人と仕事を知る
  3. 先輩社員インタビュー 調達
調達
調達
シューズ管理グループ
管理課
政治経済学部卒業
Profile
2016年4月
入社。シューズの調達担当として商品部商品調達課に配属。業務内容は変わらないものの、組織改組により現所属に。

※所属・内容は取材時のものです。

アキレスに入社を決めた理由は?
実際に働いている方の満足度が決め手に。

大学の求人案内で初めてアキレスのことを知り、日常生活や身の回りで欠かせない製品を扱っているところに興味を惹かれました。驚いたのは、母の知り合いが以前にアキレスで働いていたこと。実際に働いていた方が「居心地がよくとっても働きやすい」と言っていたと聞き、一気に志望度が上がりました。実際に選考を受けてみると、社員の皆さんはやさしくてずっと自然体でいられました。生き生きと働く皆さんを見て、私もここで働きたい!と、入社を決意しました。

現在の仕事内容を教えてください。
調達は常に一歩、二歩先を想像して行動する。

アキレスのシューズは自社工場で生産するものと、海外の委託工場で生産するものがあります。
私は営業と委託工場の窓口となって、営業からの希望数量を精査して中国の工場にオーダー、納期までに製品を納入する「調達」という仕事をしています。調達業務は納期を守ることが絶対条件。台風によってコンテナ船の到着が遅れてしまったり、時には港湾でのストライキや長期休暇明けに工員が戻らなかったりと、さまざまなトラブルが納期に影響を与えます。トラブルが発生しても冷静に対応できるよう、常にあらゆる状況を予測しておき、リスクの芽を潰していきます。個人的には調達の仕事ってパズルゲームみたいだなって思います。いろんな問題が積み上がっていき納期に間に合わないとゲームオーバーになってしまいますが、一つずつ解決していき問題がなくなって納期に間に合ったら、無事ゲームクリアです。

仕事の上で、嬉しかったエピソードを
教えてください。
急な要望にも工場と連携して課題を解決!

まずなによりきちんと納期に間に合ったときはほっとします。それから、納入先のお客さまの販売状況によっては、当初設定した納期よりも繰り上げて納入することを求められることがあります。そうした急な要望に対しても、工場と連携して対応できたときにはやりがいを感じますね。
視察のために中国に出張することもあるのですが、他国の情勢と業務の関連性が理解でき、視野を広げることができました。現地の担当者と直接コミュニケーションを取ることでその後の業務もスムーズ行えるようになったことも嬉しいですね。

学生時代の経験で、今に生きていることは
ありますか?
分かりやすく伝えるコミュニケーションの大切さ

私が所属していたゼミには日本人学生と留学生が所属し、ディベートで経済政策について討論していました。共通言語はもちろん英語。多様なバックボーンを持つ留学生にも分かりやすく説明する話し方を学べた経験は仕事の上でも役立っていますね。シューズの製造を委託している中国の協力会社に対してスケジュールの改善をお願いする際にも、ただお願いするだけでなく、改善案を受け入れることで効率的な生産スケジュールが組めるなど、双方にメリットがあることをきちんと伝えるとすんなりと受け入れてもらうことができました。

学生のみなさんに、アキレスの良さを
アピールしてください!
人間関係も仕事環境も、とにかく居心地がいい会社

入社してみて母の知り合いが口にしていたという「居心地がよく働きやすい会社」というのは本当にその通りだと思いました。キャリアや経験に関係なく意見した内容を尊重していただけるし、何か困ったことがあったときにも気兼ねなく相談することができて、どんなに忙しくても時間を割いて応えてくれます。人間関係も仕事環境も、自信を持っておすすめできます!

ある1日のスケジュール
09:00
出社。朝の業務はメンバーとのミーティングからスタート。最近はリードタイム(発注から納品までの期間)短縮の取り組みついて話し合う。
10:00
コンテナ船の運航状況をチェック。遅延が起きそうなときには速やかに納品日の調整を行う。
11:00
午前中のうちに税関や配送業者の方たちに提出する書類を作成。
14:00
中国の工場との電話会議。生産スケジュールをもとに、納期に問題が発生しそうな場合は共に対応策を練る。
17:20
終業。残業はなく定時退社です。

このページの先頭へ