先輩社員インタビュー

  1. ホーム
  2. 人と仕事を知る
  3. 先輩社員インタビュー 営業
営業
営業
断熱資材販売部
断熱企画課
理工学部卒
Profile
2018年4月
入社。断熱企画課に配属、営業部門と工場の間をつなぎ、新製品の開発・上市の実現に取り組んでいる。

※所属・内容は取材当時のものです。

アキレスに入社を決めた理由は?
知名度と働きやすさを重視しました。

学生時代は油脂の研究をしていました。就活サイトで化学メーカーを探していたところ、アキレスがヒットしました。会社選びの基準は、第一に知名度があること、第二に働きやすさです。働きやすさを測る指標として平均勤続年数を調べてみたら「20年以上」だったんです。結婚や出産、子育てなどライフステージが変化してもずっと働き続けられる会社かな、と感じました。入社後に知って驚いたんですが、実は、男性よりも女性の平均勤続年数のほうが長いんです。周りの女性社員を見ても、働きやすい会社というイメージは間違っていなかったかなと思います。

現在の仕事内容を教えてください。
営業と工場の間をつなぎ、新製品の上市を実現する仕事です。

断熱資材、具体的にはウレタンのボード製品と吹付け製品、EPS資材が主な商材です。学生時代の専攻との関連はあまりなく、今も勉強の毎日です。
企画課の一番のミッションは新製品を世に送り出すことです。ウレタンとその表面に貼る面材の組み合わせによって、その性能は大きく変わります。断熱性能はもちろん、結露防止や耐熱性、防湿性など、営業サイドがヒアリングで得たお客様の要望と、工場サイドのウレタンと面材の測定値を掛け合わせて、ニーズを満たす組み合わせの製品化を検討します。また、パンフレットやカタログの制作・改訂など、営業担当者が活動しやすい環境をサポートしていくことも私たちの仕事です。
他部署との連携なしには私たちの仕事は前に進みません。それぞれの仕事がうまく回るサポートが求められます。

仕事の上で、嬉しかったエピソードを
教えてください。
上市に携わった商品が世に出た時ですね!

ウレタンボードにさらに他素材を組み合わせて新たな付加価値を見出します。ウレタンボードにうまくくっつく素材であるかも重要なポイント。そして求められる製品精度を追求するために必要な加工をどこでどのような方法で行うかといった調整も私たちが行います。長期にわたる取り組みの結果、「最適解」と言える組み合わせを提案しお客様に喜んでもらえたら嬉しいですね。
一度、私から企画を出してみたことがあるんです。市場調査の結果、製品化を断念してしまったんですが、いつか一から関わった「私の製品」を世に送り出したいです。

学生時代の経験で、今に活きていることは
ありますか?
最後まで諦めないことですね。

学生時代は1日中実験浸けの毎日でした。失敗の繰り返しを重ねて最後に結果を出すものなんですよね。仕事も、いろんな方から多くの要望が寄せられる中で、試行錯誤を繰り返していくのだと思います。
部活は英会話サークルに所属していました。最近、3ヶ月間ほどの社内のグローバル研修に参加。仕事で使える英会話スキルの習得を目的に、外部の外国人講師の方から英語を学んでいます。残念ながら、断熱材は海外に売り出していないので使う機会が少ないのですが、将来を見据えて英語は学び続けたいと思っています。

学生のみなさんに、アキレスの良さを
アピールしてください!
やはり働きやすさですね。

残業もほとんどないので、自分の時間をしっかり確保できます。上司や先輩との距離も近くて話しやすく、良好な人間関係が構築できています。
「アキレス=シューズ」というイメージで入社してくる人も多いと思います。でも、中に入ってみると、むしろB to Bの商品が多く、身の回りの意外なところで使われていると実感します。断熱材もそうです。人々の暮らしをちょっと良くすることに興味ある方には、やりがいのある会社ではないでしょうか。

ある1日のスケジュール
09:00
出社。メールで届いた問い合わせについて確認し、関係部署に連絡。お客様からの問い合わせは1日平均5、6通ほど。
10:00
新商品のカタログ掲載について、営業部門と打ち合わせ。
営業担当者が求めるカタログの形をヒアリング。
12:00
コラボルームで同期と昼食。
ワイワイお弁当を食べながらほっと一息。
13:00
カタログの改訂作業開始。型番など細かい数字チェック。
15:00
事業部ホームページの商品紹介ページの修正作業。
ホームページ制作会社への指示書作成。
17:20
今日の仕事の振り返りと明日の予定を確認し、退出。

このページの先頭へ