ピンチとは何だろう。結果が思うように出なかったり、袋小路に迷い込んだり、時間に追われたり、技術に限界を感じたり、苦境や困難は常にある。では、それをどう乗り切るか。私の場合、ピンチはポジティブな転換点と考える。後戻りはない。たとえ真っ直ぐ向かえなくても、斜め30度でも必ず前に進むこと、自分が納得するまで続けること。それが大逆転や幸運をも呼び込み、いまの私を形づくった。ここに私の「あきらめなイズム」の源がある。「あきらめなイズム」は、アキレスがさらに前進するためのモチベーションを支える社員共有の力でもある。目の前にどんな壁が立ちふさがろうと、様々な社会の課題を解決し、新しい価値を生み出すために。私たちアキレスは、独自で培ってきたノウハウと技術、そして「あきらめなイズム」を胸に、より人に優しい社会と、より豊かな未来を育む努力を続けていきます。
アキレスはあきらめなイズム

あきらめなイズム

アキレスは、
課題解決に向かう「知恵と工夫」、
独自に培ってきた「ノウハウと技術」、
そして常に「あきらめなイズム」を胸に
より人に優しい社会と、より豊かな未来を育む努力を続けていきます。

1/あきらめなイズム

ピンチとは何だろう。結果が思うように出なかったり、袋小路に迷い込んだり、時間に追われたり、技術に限界を感じたり、苦境や困難は常にある。では、それをどう乗り切るか。私の場合、ピンチはポジティブな転換点と考える。後戻りはない。たとえ真っ直ぐ向かえなくても、斜め30度でも必ず前に進むこと、自分が納得するまで続けること。それが大逆転や幸運をも呼び込み、いまの私を形づくった。ここに私の「あきらめなイズム」の源がある。「あきらめなイズム」は、アキレスがさらに前進するためのモチベーションを支える社員共有の力でもある。目の前にどんな壁が立ちふさがろうと、様々な社会の課題を解決し、新しい価値を生み出すために。私たちアキレスは、独自で培ってきたノウハウと技術、そして「あきらめなイズム」を胸に、より人に優しい社会と、より豊かな未来を育む努力を続けていきます。


NEW 最新広告

TOP戻る

これまでの広告 2020/7~2021/5