製品情報 Product Information

トップ > 製品情報トップ > 建築・土木 > 断熱材 > 現場発泡硬質ウレタン > アキレスエアロンFR-NF

建築・土木

現場発泡硬質ウレタンアキレスエアロンFR-NF

断熱材

 「アキレスエアロンFR-NF」は、発泡剤としてフロンをまったく使用しない、炭酸ガスのみで発泡する難燃性を有する吹付け硬質ウレタンフォームです。

京都議定書目標達成に効果を発揮

京都議定書の目標値達成に向け、地球温暖化防止対策が一層求められます。

画期的なノンフロン発泡技術

弊社は、超臨界炭酸ガス発泡という画期的な発泡法(特許登録済)によって、難燃性を有するノンフロン吹付け断熱システム「アキレスエアロンFR-NF」を開発し、実用化しました。

特長

  • グリーン調達に適合
    環境省が定めた「グリーン購入法基本方針の特定調達品目及びその判断の基準」に適合します。
  • 公共建築工事標準仕様に対応
    国土交通省監修の「公共建築工事標準仕様書」では、「断熱材は特記が無ければA種1(JIS A 9526)とする。」とされています。A種1とは発泡剤としてフロン類を用いないもので「アキレスエアロンFR-NF」はこれに対応しています。

物性表

品名 JIS A 9526種別 熱伝導率
W/(m・K)
透湿率
ng/(m・s・Pa)
難燃性
JIS A 1321 難燃材料評価試験
エアロンFR-NF A種1相当 0.034 9以下 難燃3級合格
(厚20mm)
合格(厚20mm)

「難燃性を有する」とは

JIS A 1321の難燃3級試験、難燃2級試験、または発熱性試験(難燃材料試験)に所定の試験体で合格するものを「難燃性を有する吹付け硬質ウレタンフォーム」と称しています。
一般的に結露防止の現場吹付けには「難燃性を有する吹付け硬質ウレタンフォーム」が使用されていますが、火源によっては燃焼しますので火気厳禁等の留意が必要です。
なお、「難燃性を有する吹付け硬質ウレタンフォーム」単体では、建築基準法における内装制限を受ける場所には使用できません。

<試験体作成方法>

試験体は工場で製作しますので、実現場の厚さ・形状とは異なります。
下地に厚さ5o以上のケイカル板等無機質系板材を使用し、実現場で使用する原液と同配合のものでフォームを吹付けます。
所定のサイズにカットし試験体とします。(フォームの厚さは15〜25mmとしています)

納まり例

納まり例■事務所・ビル・マンション■吹付けGL工断面図■開口部取合図

ノンフロン吹付け硬質ウレタンフォーム発泡機 アキレスNF12J

NF12Jは、超臨界炭酸ガスを利用したノンフロン吹付け硬質ウレタンフォーム「アキレスエアロンFR-NF」発泡用として開発されたものです。超臨界炭酸ガスを効率よく発生させ、高圧ガスの安全性を高めています。小型化したユニットは、取り扱いが容易で、原液の吐出量・温度が自動的にコントロールでき、信頼性が高く、メンテナンスも容易です。

アキレスNF12J 機械仕様
全吐出量 〜7.25kg/min
成分数 2
成分比 イソシアネート/レジン=100/100
最高使用圧力 12Mpa
所要空気 圧力 0.6Mpa以上
所要空気 流量 300L/min以上
(相当コンプレッサー3.7KW 5PS)
所要電力 AC200V 3相 50/60HZ 45A
機械寸法 奥行800×幅1400×高さ1700
(専用台車装着時、ホース不含)
機械重量 約350kg
(ホース長さ90m、専用台車装着時)

エアロンRシリーズ スプレー工法における留意点

アキレスノンフロン会

断熱材について知る・選ぶ

断熱材とは

  • 断熱材の目的と重要性
  • 断熱材と結露
  • 断熱の方法

断熱材の選び方

  • 断熱材の種類
  • アキレスの断熱材
  • 施工箇所から断熱材を探す
  • 特長・用途から断熱材を探す

参考資料

  • 断熱地域区分
  • 地域別必要厚さ
  • 内装制限一覧

PAGETOP

製品情報 MENU INDEX

  • 製品ごとの一覧
  • 部門ごとの製品一覧
  • 50音順での製品一覧
  • 製品関連リンク
  • お問い合わせ