事業内容

  1. ホーム
  2. アキレスとは
  3. 事業内容
独自のプラスチック加工技術で、より快適で安全で地球環境にやさしい暮らしを

皆さんはアキレスにどのようなイメージをお持ちでしょうか? 瞬足? 子供靴? シューズ?
もちろん瞬足をはじめとしたシューズ事業は大事な柱ですが、それだけではありません。
アキレスは「プラスチック加工をコア技術とした総合化成品メーカー」として、無限の可能性を秘めたコア技術と様々な先端加工技術とを融合させ、生活の質の向上と産業の発展に貢献しています。

プラスチック加工技術
事業の紹介

アキレスはプラスチック加工技術を武器に、日用生活品から建築土木関連分野まで、毎日の生活や産業を支える多彩な製品を世界に送り出しています。
シューズ部門、プラスチック部門、産業資材部門、それぞれの事業内容をご紹介します。

アキレスが目指す靴づくりのテーマは、“感性と技術の融合”=“機能美の創造”。創業以来、蓄積してきた技術をベースに市場のニーズに応えています。たとえばジュニア用スポーツシューズ「瞬足」。運動会で速く走りたいという子供たちの夢を、左右非対称のソールで応援し大ヒットとなりました。他にも、コンフォートシューズ「アキレス・ソルボ」、20km歩けるパンプス「ALL DAY Walk」など、様々なシューズが人々の足元を支えています。

詳細はこちらから

日本で初めて軟質塩ビシートの開発・商品化に成功して以来、多彩なフィルム製品を提供し続けている「化成品事業部」、独自のコア技術から生まれた塩ビレザーや合成皮革、ラミネート製品を供給する「車輌資材事業部」、高機能な床材や、繊細な意匠表現の壁紙で生活空間を彩る「建装事業部」、雨衣や消防服をはじめ釣り・レスキュー用ボート、さらに大型テントまで扱う「引布販売部」の4つのセクションで成り立っています。

詳細はこちらから

自動車、建築分野から、寝具、衣料、家具、雑貨まで、産業や生活に欠かせない軟質ウレタン発泡製品を供給している「ウレタン事業部」、国内で初めて硬質ウレタンボードを開発・販売して以来、性能向上を続けてきた「断熱資材事業部」、導電性プラスチックを中心とした静電気対策商品を提案する「工業資材販売部」の3つのセクションで成り立っています。「開発営業部」はトンネル補修工法をメインに、インフラビジネスを手がけています。

詳細はこちらから

このページの先頭へ