株主・IR情報Investor Relations

ディスクロージャーポリシー

1.ディスクロージャーの方針

このウェブサイト(以下「当サイト」といいます)はすべての投資家の皆様に対し、透明性・公平性・継続性を原則としてタイムリーな情報開示をこころがけております。具体的には東京証券取引所の「有価証券上場規程」に従った情報ならびに投資家の皆様に当社を理解していただく為に有用と判断した情報につきましては積極的に掲載していきます。

2.情報の開示方法

有価証券上場規程に該当する情報の開示は、同規程に従い、東京証券取引所への事前説明の後、速やかに東京証券取引所の適時開示情報伝達システム(TDnet)にて行います。また、TDnetにて公開した情報については、出来るだけ速やかに当サイトに掲載するように努めております。尚、当社への問い合わせや個別面談等で言及する情報は情報開示の公平性を保つ為、既に公開された事実や周知となった事実もしくは一般的なビジネス環境等に関する説明に限定し、未公開の「重要事実」等については一切言及いたしません。

3.将来の見通しに関して

当サイトに掲載している情報のうち過去の歴史的事実以外のものは、一定の前提のもと、当社経営陣の判断に基づき作成した将来の見通し、戦略であります。従いまして、これら見通し、戦略は経済動向・業界動向・国内外の法的規制動向・為替レート等に関わるリスクや不確実な要素を含んでいる為、実際の業績等が当初の見通しと異なる可能性もございます。よって、当社の業績、企業価値等を判断するにあたってはこれらの見通し、戦略のみに全面的に依存することは控えるようお願いいたします。

4.沈黙期間

当社では、決算発表資料準備期間中に株価に影響のある情報が漏れることを防ぐ為に、決算期日の翌日から決算発表日までの期間を「沈黙期間」として決算に関するコメントや質問への回答を控えさせていただいております。但し、沈黙期間中に判明した業績予想と既に発表した予想が大きく乖離する場合には、有価証券上場規程に従いTDnet、プレスリリース、当サイトにより業績予想修正として情報開示を行うこととしております。

2017年(平成29年)4月
アキレス株式会社