研究開発Research & Development

基幹(コア)技術

 当社は、「市場をリードし、社会に貢献していくために、我々に何ができるのか」という思いのもと、プラスチック加工技術を基盤とした製品・技術の開発に取り組んでいます。

 当社のプラスチック加工技術のコアとなるのは、「製膜」「発泡」「成型」です。これら3つのコア技術の周りには、多くの要素技術が派生しており、それぞれに関連した事業領域、製品へとつながっていきます。以下に、当社のコア技術をご説明します。

  • 多種多様な「膜」をつくる。「製膜技術」(Films)フィルム、シートの作製からコーティングによる表面処理まで
  • 素材の中に「泡」を取り込む。「発泡技術」(Foams)気泡サイズをコントロールし、さまざまな特性の製品を開発
  • 樹脂を溶かして「型」で固める。「成型技術」(Molds)型通りの製品を作製するための樹脂配合や加工技術

コア技術から派生する要素技術とマーケット展開例