ニュースリリースNews release

2020年:ニュースリリース

内面フラット構造継手『AK-3775SPF』
9月1日(火)から全国で発売開始
製品情報2020.08.20

曲げ・偏芯に対応可能な
アキレスジョイント

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、内面フラット構造継手でありながら曲げ・偏芯への対応を実現したアキレスジョイント『AK-3775SPF』を9月1日(火)から発売します。

【写真:内面フラット構造継手『AK-3775SPF』】

【写真:内面フラット構造継手『AK-3775SPF』】

 近年、大手ハウスメーカーやゼネコンを中心に、住宅の品質確保の促進等に関する法律(住宅品確法)に基づく住宅性能表示制度の利用が定着しつつあります。同制度では、配管部分の維持管理を容易にする対策が性能評価ポイントの一つになっており、大便器接続用継手においても、排水が流れやすい内面フラット型の需要が高まっています。しかし、これまで内面フラット構造継手の多くは曲げや偏芯に対応しておらず、施工性の面で課題となっていました。

 アキレスジョイント『AK-3775SPF』は、軟質樹脂をベースにスパイラル形状の硬質樹脂を一体成形し、住宅用継手に求められる柔軟性と強度を兼ね備えた内面フラット構造のフレキシブルジョイントです。曲げ角度最大90度、偏芯最大40mm、短縮最大40mmまで対応するとともに、塩ビ管接続口側に2ヵ所のカットラインを設け、施工条件に合わせ長さを最大60mm短く加工できるようにしました。内面フラット構造継手でありながら曲げや偏芯に対応し、スムーズな排水と配管工事における施工性向上を両立するジョイントです。

内面フラット構造継手『AK-3775SPF』製品概要

品番 AK-3775SPF
発売時期 2020年9月1日(火)
製品特長 柔軟性と強度を兼ね備えた内面フラット構造のフレキシブルジョイント
曲げ角度最大90度、偏芯最大40mmまで対応
施工時に最大40mmの短縮が可能
塩ビ管接続口側に2ヵ所のカットラインを設け、全長を最大60mm短く加工することが可能
製品特長 全長:362mm
カット長:302mm
最大短縮長:262mm(カット60mm+短縮40mm)
本体材質:特殊塩ビ樹脂
カラー:ホワイト
用途 洋風Pタイプ便器・和風大便器用
適合
パイプ
VP・VU φ75
価格 5,000円+税/本(入数:20本/箱)
販売地域 全国