ニュースリリースNews release

2021年:ニュースリリース

『アキレス サラリア』密着しても剝がしやすい透明軟質PVCフィルム12月中旬より全国で販売開始製品情報2021.12.06

粉ふり処理なしで塩ビフィルムの課題を解消

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:伊藤 守)は、粉なしスリップ性透明塩化ビニル(PVC)フィルム『アキレス サラリア』を、2021年12月中旬より全国で販売開始します。

 透明仕様の軟質PVCフィルムは、軟包材をはじめ文具・雑貨などに広く用いられています。しかし、柔らかくて表面がツヤ状であることからフィルム同士が重なると密着しやすく加工時や使用時の利便性を損なう一因になっていました。多くの場合、その対策としてフィルム表面への粉ふり処理が行われますが、粉による商品の外観悪化の不具合や、拭き取りなどによる作業性の低下が生じ、その解消が望まれていました。当社はこうした課題に対応するため、自社の持つ製膜・配合技術により、粉ふり処理をしなくてもスリップ性が高く密着しにくい透明軟質PVCフィルム『アキレス サラリア』を開発しました。

 『アキレス サラリア』は粉なしの透明軟質PVCフィルムです。特殊添加剤の配合によりフィルム表面に微細な凹凸が施されており、裁断適性や裁断後の解(ほぐ)れが良好なので、加工時にも粉をふる必要がありません。このため、粉ふりのムラや粉のめり込み跡による商品の外観悪化の不具合、商品への粉残りの心配がありません。また、視認性を有し、重ねた対象物のデザイン性を大きく阻害しないため、一般的な粉ふり仕様の透明軟質PVCフィルムと同等の用途展開が可能です。書籍・手帳のカバーや手帳のポケット部分に使用した場合、『アキレス サラリア』ならフィルムが密着してもスムーズに剥がれ、カードの出し入れがしやすいなどエンドユーザーの利便性を高めます。最終商品の設計においても、『アキレス サラリア』なら重ね使いが容易なため、デザインの幅を広げることを可能にします。当社は今後も独自の技術で軟質PVCフィルムの仕様・規格拡大や差別化を図り、お客様の商品開発や商品の付加価値向上に貢献します。

  • 『アキレス サラリア』重ねても高いスリップ性で密着しにくい『アキレス サラリア』重ねても高いスリップ性で密着しにくい
  • 『アキレス サラリア』(左)と当社従来品(右)の商品化での比較『アキレス サラリア』(左)と当社従来品(右)の商品化での比較
    ※スリップ性が良いためエアー溜まりしにくい

『アキレス サラリア』製品概要

製品名 アキレス サラリア
発売日 2021年12月中旬
製品特長 ■作業効率の向上
フィルム表面の微細な凹凸により、裁断適性や裁断後の解れ性が良好なので、
加工時に粉をふる必要がありません。
■良品率の向上
粉ムラ、粉のめり込み跡がありません。
■商品の付加価値の向上
商品に粉残りがなく、スリップ性が良好なので、本体の出し入れが快適です
※ケース・カバー等に加工した場合の使用感です。
素材 軟質塩化ビニル
厚さ 厚さ0.2mmx幅1,000mm x巻数50m
厚さ0.3mmx幅1,000mm x巻数50m
※共に常備在庫規格
硬度 #350(共通)
価格 オープン価格
販売地域 日本国内