ニュースリリースNews release

2022年:ニュースリリース

CRIIN FOAMクリーンフォーム
8月1日(月)より全国で発売
製品情報2022.07.11

環境にやさしい低密度・高機能軟質ポリウレタンフォーム素材

 アキレス株式会社(本社:東京都新宿区、社長:日景一郎)は、環境配慮型の低密度・高機能軟質ポリウレタンフォーム素材『CRIIN FOAM(クリーンフォーム)』を、2022年8月1日(月)より全国で発売します。

 当社は産業資材から生活用品まで多様な用途に対応すべく、通気性・反発性・低帯電・難燃性などの機能・特長を付加した軟質ポリウレタンフォームを開発・販売しています。近年、SDGsの実現へ向けた取り組みの進展に伴い、様々な分野で素材の軽量化や環境対応が求められるようになり、ポリウレタンフォームについても低密度品や環境対応品の需要がさらに高まることが見込まれます。

 『CRIIN FOAM』は、発泡剤に炭酸ガスを用いることで、本製品の製造に関わる大気中へのVOC(揮発性有機化合物)排出量を削減した低密度の軟質ポリウレタンフォーム素材です。発泡剤に使用する液化炭酸ガスはプラスチック廃棄物のケミカルリサイクルにより合成されたもので、プラスチック廃棄物の焼却に関わるCO2排出量を削減しています。

 『CRIIN FOAM』は当社独自の技術により、低密度化による軽量化と、難燃性・低反発性などの高機能化を両立。車輌資材や寝具、日用品、梱包資材など幅広い用途に対応できます。今後、本製品の生産拡大を進め、低密度品・環境対応品の需要増に対応してまいります。

『CRIIN FOAM』

『CRIIN FOAM』

  • ※環境配慮型素材として「CO2 Recycled Is Include」のそれぞれの頭文字を取って『CRIIN FOAM』と命名しました。

『CRIIN FOAM』製品概要

製品名 CRIIN FOAM(クリーンフォーム)
発売日 2022年8月1日(月)
製品特長 ■VOC排出量を削減
発泡剤に炭酸ガスを使用し、本製品の製造に関わる大気中へのVOC(揮発性有機化合物)排出量を削減しました。
■CO2排出量を削減
プラスチック廃棄物のケミカルリサイクルにより合成された液化炭酸ガスを使用することで、プラスチック廃棄物の焼却に関わるCO2排出量を削減しています。
■軽量化と高機能化を両立
低密度化による軽量化と、難燃フレームラミネート対応や低反発性など高機能化を両立します。
素材 軟質ポリウレタンフォーム
価格 オープン価格
販売地域 全国