製品情報Product Information

土木工法Tn-p工法土木資材

こちらの製品に関するお問い合わせ

アキレスエアロン-R(発泡ウレタン)をトンネルの覆工コンクリート背面の空洞に注入することにより、地震などの災害からトンネルの損傷を防ぐための工法です。

Tn-p工法

設備がコンパクトで、材料もドラム缶での搬入となるため、4tトラック1台に資機材一式を積載できます。材料は1日分を一度に積載可能なため、坑内への材料の追加搬入が不要となり、片側車線規制での施工では、安全性が向上します。また、アキレスエアロン-Rは、40倍発泡で従来の可塑性エアモルタルに比べ約1/40と超軽量であり、覆工コンクリートへの負荷も大幅に軽減できます。

特長

  • 反応硬化時間が約1分と非常に速いため、亀裂などからの材料流出の危険性を低減できます。
  • 空洞内での地中拡散を最小限に抑えられるため、材料ロスが少なく経済性に優れています。
  • アキレスエアロン-Rは、止水性や耐薬品性にも優れています。溶出試験により水質への影響を確認しており、水質汚染などの問題もありません。