製品情報Product Information

発泡ウレタン空洞注入協会土木資材

こちらの製品に関するお問い合わせ

環境にやさしく、施工性に優れた「トンネル裏込補修用ウレタン注入工法」

「発泡ウレタン空洞注入協会」は、予防保全に有効なトンネル補修技術「Tn-p工法」の品質・施工技術の向上および普及拡大を目的に2016年4月25日に設立された協会です。
20年以上の実績を有する「Tn-p工法」は、従来技術である可塑性エアモルタル工法よりも優れた技術として、NETISの『活用促進技術』にも指定されました。(旧登録)
当協会は、「Tn-p工法」を普及拡大していくことで災害に強い国土をつくり、社会へのソリューションを提供していきたいと考えております。

発泡ウレタン空洞注入協会サイトへ

「発泡ウレタン空洞注入協会」では協会員に対し、施工技術の習得のため技術講習会を行い、Tn-p工法に対する理解と技術向上にむけた取り組みを行っています。

実技講習

実技講習

実技講習

実技講習

学科講習

学科講習