製品情報Product Information

土木工法TRパネル工法土木資材

こちらの製品に関するお問い合わせ

軽量盛土用の壁体構造では、壁面材を設置する支柱(H形鋼)を建て込むために 重機が必要になるのに加え、壁面材として従来使用されているセメント板は割れやすいという問題がありました。また、重機を設置するスペースが無い狭い場所での工事もあることから、重機を必要としない軽量な壁体構造が求められてきました。
『TRパネル工法』は、壁面材が従来品の約10分の1と超軽量な両面金属ウレタンパネル「トリトンレボ-W」を採用し、支柱も「リップ溝型鋼」を用いることで、重機を使用せずに壁体を構築することができるため、重機の置き場に困る狭い場所での工事に優位性を発揮します。
また、コストも従来の工法に比べ安価で、材料費+施工費で約50%のコストダウンも可能となります。

TRパネル工法

特長

  • 軽量性・加工性

    『TRパネル工法』に用いる資材は軽量のため、重機を使用せずに施工ができます。壁面材に用いられている「トリトンレボ-W」は、施工性や現場での加工性に優れています。また、支柱として用いる「リップ溝型鋼」は従来の支柱(H形鋼)に比べて建て込みも簡単です。

  • 経済性

    従来の工法に比べ、コストも約50%ダウン
    材料費および施工費は、従来の工法に比べ安価になり、約50%のコストダウンが可能です。

TRパネル工法は、使用資材も軽量性にすぐれ、持ち運びも簡単なため作業性が高く、「トリトンレボ-W」は、簡単に取り付けができ加工も容易です。

  • TRパネル工法
  • TRパネル工法
  • TRパネル工法