製品情報Product Information

土木工法ウレタンLH工法(発泡ウレタン軽量盛土工法)土木資材

こちらの製品に関するお問い合わせ

ウレタンLH工法は、アキレスエアロン-R(ノンフロン現場発泡硬質ウレタンフォーム)を盛土材料として現場にて発泡させる軽量盛土工法です。
材料の特性により軽量性、耐圧縮性、耐水性に加え、現場成形することでいろいろな地盤形状に対応可能で、さらには現場まで液状材料の輸送となるため、大幅な輸送費削減などの数多くのメリットがある工法です。

ウレタンLH工法(発泡ウレタン軽量盛土工法)

特長

  • 軽量性

    アキレスエアロン-Rの比重は、土砂やコンクリートの約1/50と軽量であることから、盛土として利用した場合、従来工法に比べて土圧や荷重を大幅に削減することができます。

  • 形状対応性

    地盤に直接アキレスエアロン-Rを接着、発泡することができるので、いろいろな地形や形状にも合わせた形成が可能です。

  • 施工性

    材料を液状で現場へ搬入し、専用の発泡装置一式を2トン程度のトラックで現場に持ち込み、少人数で施工が可能です。

  • 接着性

    原液を対象物にスプレーするだけで、発泡硬化と同時に対象面に強力に接着します。

  • 経済性

    軽量であることから、軟弱地盤の盛土工事においても地盤改良工事や基礎工事を軽減することによりコストが削減され、さらに液状搬入のため輸送費も大幅にコストダウンできます。