製品情報Product Information

断熱材と結露防止断熱材

結露は住宅の寿命を縮める大きな要因になります。
断熱には室温の維持に加えて結露を防止する目的があります。

結露について

"結露"には2通りあります。冬の暖房で室内の窓ガラスが濡れるのは「表面結露」です。湿った暖かい空気が冷たい壁や天井などに触れて露を結ぶ現象で、これを防ぐには高性能の断熱材で壁面などの温度を下げないことがポイントになります。また、「内部結露」は同じく湿った室内の空気が壁体内部に浸透して露を結ぶもので、構造材を劣化させる原因になるため、断熱性と防湿性を兼ね備えた断熱材の使用が必要になります。断熱性能と防湿性能に優れたアキレスの断熱材は、これらの結露防止に適した断熱材といえます。

結露防止のポイント

住まい全体の断熱化

壁や天井だけでなく窓を含めて断熱化することで、室内温度の低下を防ぎます。

換気のすすめ

発生した水蒸気を外に出すためには、計画的な換気をおすすめします。 新築住宅では24時間換気システムが導入されていますのでこれを活用し、同システムがない場合は 浴室換気扇などを活用してください。また、炊事時にはレンジフードを活用することも欠かせません。

住まい全体の断熱化

水蒸気の発生を生活の中で、意識的に減らすことが大切です。

  • 開放型の暖房機を使用しない。(石油ファンヒーターなどからは水蒸気が発生しています)

  • お風呂のフタは開け放しにしない。

  • できるだけ洗濯物は室内に干さない。

表面結露防止に必要な断熱材の厚さ

表面結露を防止するために必要とされる断熱材の厚さは施工する環境(地域)や使用する断熱材によって変動します。
アキレスボードシリーズまたはアキレスエアロンRシリーズご使用時の必要厚さについては地域別必要厚さをご参照ください。アキレスでは必要厚さはじめ断熱工事に関して各種ご相談も承っておりますのでお問い合わせフォームよりご相談ください。

断熱材について知る・選ぶ