製品情報Product Information

断熱材の目的と重要性断熱材

普段は見えない場所に隠された断熱材には重要な役割があります。

断熱とは

建物の断熱とは室内側と室外側の熱移動を遮断して外気温が室内に伝わりにくくすることです。熱伝導率の低い断熱素材を隙間なく施工し気密性を保つことが「夏涼しく、冬暖かい」住宅を実現する基準となります。また、建物内外の温度差から生じる 結露 の発生も防止します。

断熱の重要性

断熱工事は施工後見えなくなるため材料や施工のコストを削られやすい箇所でもあります。 断熱が不十分だと冷暖房効率が下がるだけでなく、内部結露で建築物が傷みやすくなるなどの弊害も起こります。

断熱の省エネルギー、環境問題への貢献

地球温暖化の原因となる二酸化炭素は電気、ガスなどのエネルギー消費によって排出されます。断熱性能の高い建物は冷暖房効率がよく、エネルギー消費、二酸化炭素排出量を削減します。断熱材の製造過程においても温室効果ガスやオゾン層破壊の原因となるフロンガス、さらに人体に有害なVOC(揮発性有機化合物)の発生を抑えるよう配慮しなければなりません。

省エネルギー基準

日本では「住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主の判断と基準」(通称:省エネルギー基準)によって建築物の断熱性能の基準が定められています。
省エネルギー基準は平成25年の改正で地域区分の細分化などの見直しが行われました。
2020年までには省エネルギー基準が全ての新築建築物に対して義務化される予定となっています。
現在、省エネルギー基準への適応は義務付けられていませんが、税制や住宅ローンで受けられる優遇措置の多くが省エネルギー基準を条件としています。

省エネルギー基準の地域区分についてはこちら

断熱材について知る・選ぶ