製品情報Product Information

断熱の方法断熱材

断熱を行う建物や環境などの条件によって最適な断熱材の配置方法が異なります。
アキレスでは様々な施工方法に対応する断熱材と工法を開発しています。

充填断熱

充填断熱は壁の中の構造物の空間に断熱材を充填する断熱方法です。グラスウールやロックウールなど低コストで厚みを必要とする断熱材が使用できますが、構造体と断熱材との間に隙間が発生しやすい、断熱工事に工数が掛かるといった側面もあります。現場発泡タイプのアキレスエアロンRシリーズは吹付け施工により短い工期で隙間のない充填断熱工事を可能にしています。

内張り断熱

RC造の建物などで躯体と内装材の間に断熱材を配置する断熱方法です。使用する断熱材が厚くなると内壁も厚くなってしまいますが、断熱性能の高いアキレスボードシリーズなら厚さを抑えられ居室空間を犠牲にすることなく断熱が可能です。また、コンクリート躯体に同時打込が可能なアキレスボードAGノンフロンや、コンクリート型枠として使用できるアキレスカタダンノンフロン、断熱材と内装下地材が一体になったアキレス準不燃NDパネルノンフロンなどアキレス工期短縮にも役立つ製品も取り揃えています。

外張り断熱・外断熱

建物の躯体の外側に断熱層を設ける断熱方法です。建物の構造体も断熱層の内側にあるため外気温、湿度の変化による建物の劣化が軽減されます。キューワンボードを使用した木造住宅の外張り断熱は壁体内を断熱機能から開放することで自由度の高い屋内空間利用を可能にしています。
建物の屋根・屋上においても構造体の外側から断熱をする方法があります。
また既存の建物の外壁を断熱パネルで覆う外断熱方法もあり、外装リフォームの際に外装仕上げ下地の機能を併せ持つ断熱パネルを用いることで断熱リフォーム工事を同時に施工できます。

断熱材について知る・選ぶ