製品情報Product Information

現場発泡硬質ウレタンアキレスエアロンFR-AW断熱材

こちらの製品に関するお問い合わせ

「アキレスエアロンFR-AW」は、発泡剤としてフロンをまったく使用しない、水を発泡剤とする難燃性を有する吹付け硬質ウレタンフォームです。(水が原料のイソシアネートと反応して炭酸ガスが発生します)

アキレスエアロンFR-AW

特長

  • 従来と同様の施工が可能

    従来使われていた発泡装置をそのまま使用することができます。
    特別な装置を必要としません。

  • グリーン調達に適合

    環境省が定めた「グリーン購入法基本方針の特定調達品目及びその判断の基準」に適合します。

  • 公共建築工事標準仕様に対応

    国土交通省監修の「公共建築工事標準仕様書」では、「断熱材は特記が無ければA種1(JIS A 9526)とする。」とされています。A種1とは発泡剤としてフロン類を用いないもので「アキレスエアロンFR-AW」はこれに対応しています。

一般社団法人 公共建築協会が実施する
「建築材料・設備機材等品質性能評価事業」における評価書

PDFのダウンロードはこちら

物性表

品名 JIS A 9526種別 熱伝導率
W/(m・K)
透湿率
ng/(m・s・Pa)
難燃性
JIS A 1321 難燃材料評価試験
エアロンFR-AW A種1相当 0.034 9以下 - 合格(厚20mm)

「難燃性を有する」とは

JIS A 1321の難燃3級試験、難燃2級試験、または発熱性試験(難燃材料試験)に所定の試験体で合格するものを「難燃性を有する吹付け硬質ウレタンフォーム」と称しています。
一般的に結露防止の現場吹付けには「難燃性を有する吹付け硬質ウレタンフォーム」が使用されていますが、火源によっては燃焼しますので火気厳禁等の留意が必要です。
なお、「難燃性を有する吹付け硬質ウレタンフォーム」単体では、建築基準法における内装制限を受ける場所には使用できません。

<試験体作成方法>

試験体は工場で製作しますので、実現場の厚さ・形状とは異なります。
下地に厚さ5㎜以上のケイカル板等無機質系板材を使用し、実現場で使用する原液と同配合のものでフォームを吹付けます。
所定のサイズにカットし試験体とします。(フォームの厚さは15~25mmとしています)

納まり例

納まり例■事務所・ビル・マンション■吹付けGL工断面図■開口部取合図


断熱材について知る・選ぶ