製品情報Product Information

アキレスボードの性能断熱材

こちらの製品に関するお問い合わせ

基本物性

アキレスボードの基本物性表

製品 アキレスボード各種 試験法
項目 単位
密度 ㎏/m³ 25以上 JIS A 9521
熱伝導率 W/(m・K) 0.024以下 JIS A 9521
透湿係数 ng/(m2・s・Pa) 40以下 JIS A 9521
圧縮強さ N/c㎡ 8以上 JIS A 9521
曲げ強さ N/c㎡ 15以上 JIS A 9521
燃焼性 - 合格*1 JIS A 9521
対応JIS規格 建築用断熱材:JIS A 9521:2017
硬質ウレタンフォーム断熱材
2種2号AⅠまたはA相当
  • :アキレスボードGFノンフロン(高密度)、アキレス折返しボードノンフロンを除く。
  • *1:燃焼性はJIS A 9521付属書Cに基づく。

参考:日本工業規格(JIS) 建築用断熱材 JIS A 9521:2017

種類の区分および記号(A種2号Aのみ抜粋)

種類 製品記号 熱伝導率の記号 備考 適用
硬質ウレタンフォーム断熱材 2種 2号 A PUF2.2A λ24 非透湿性面材付き ポリイソシアネート、ポリオール及び発泡剤を主剤として、発泡成形した断熱材、
発泡成形したブロックから切り出した断熱材、
又は成形面材の間で発泡させ一体化した成形面材付きの断熱材。
必要に応じて面材を用いる。

シックハウス対策

硬質ウレタンフォームは原材料にホルムアルデヒド、クロルピリホスは使用しておりません。また、硬質ウレタンフォームはホルムアルデヒド発散材料(国土交通省告示第1113号)の規制対象外となっていますので、使用面積の制限を受けることなくご利用いただけます。

自己接着性

アキレスボードは接着剤を使わず、種々の面材に発泡することで自己接着でき、被着体と一体の断熱構造がつくれます。

A 自己接着強度

アキレスボードの接着力は、一般的使用密度(30~40㎏/m³)付近で表の通りとなります。一般には密度が高くなると接着力も大きくなります。

被着体 接着力
(N/c㎡)
被着体 接着力
(N/c㎡)
木(合板) 15 アルミ板 15
カラー鉄板 20 FRP 15
コンクリート 17 ステンレス 15
  • :Aの表の数値はBの試験における材料破壊強度例です。
    (アルミ・FRP・ステンレスは表面処理済)

B 接着力試験方法

接着力試験方法

耐熱性

アキレスボード(硬質ウレタンフォーム)は熱硬化性樹脂のため、他のプラスチック類のように明確な軟化点や融点はありません。一般的には右のグラフのように100℃くらいまで安定使用できます。ただし、湿度条件などにより異なりますのでご注意ください。また、低温では補強などを行うことにより、-70℃程度まで使用できます。

硬質ウレタンフォームの温度と圧縮強さの関係

断熱性

アキレスボードは独立した気泡によって構成されているので、優れた断熱効果を発揮し、断熱材の厚さを薄くすることができます。


ノンフロン発泡剤を使用しています。

硬質ウレタンフォームは従来断熱性能に優れたフロン発泡剤を使用していました。アキレスボードはノンフロン(炭化水素系)発泡剤を使用しながらセル(発泡剤が封入された空隙)を微細化することによって、断熱性能やその他の物性において従来と同等の性能を維持しています。

  • :フォームの電顕写真(30倍)

(左:従来のフォーム(HCFC141b使用))(右:ノンフロンフォーム(HCガス使用))

フロン系発泡剤のうちオゾン層を破壊するもの(CFC,HCFC)はウレタンフォームでは既に使用されていません。オゾン層を破壊しないHFCでも地球温暖化係数(GWP)が非常に高いという問題があります。アキレスボードはGWP値も低いHCガスを使用しています。

耐水性・耐湿性

一般的に断熱材に水や水蒸気が浸入すると断熱効果に影響を及ぼします。しかし、硬質ウレタンフォームは独立気泡構造なので、水や水蒸気が浸入しにくく、断熱効果の低下はごくわずかです。さらにアキレスボードは防水、防湿性に優れた面材を使用していますので、吸水量、透湿係数が小さくなります。

耐薬品性

物 質 安定度
海水 安定
弱アルカリ 安定
ベンゼン 安定
トルエン 安定
物 質 安定度
キシレン 安定
ガソリン 安 定
灯油 安 定
植物油 安 定

耐薬品性にも優れています。強酸および一部の溶剤を除いては、ほとんどおかされることはありません。

物 質 安定度
動物油 安定
塩化メチレン 膨潤
アセトン 膨潤
メタノール 膨潤
強塩酸 膨潤
強硫酸 溶解

断熱材について知る・選ぶ