製品情報Product Information

断熱工法キューワンボード外張り工法(木造外張り断熱工法・高断熱高気密)断熱材

こちらの製品に関するお問い合わせ

キューワンボード外張り工法は、省エネ・健康・快適性・長命を追求した次世代型住宅工法です。ム

面材に遮熱性能に優れた新タイプのアルミ箔を採用した「キューワンボード」で、家全体をすっぽり包み込みます。寒暖の差が大きく、湿気の多い日本の気候下でも、建物を熱や湿気から守り、長期間に渡って高い断熱・気密性能を維持します。部屋間の温度差が少ない快適空間は、結露によるカビ・ダニの繁殖や、冷ショックによる健康被害を抑制します。

  • :キューワンボード外張り工法はオープン販売(非フランチャイズ制)ですが、新規でご採用される場合は「施工マニュアル」をご説明の上、販売させて頂いております。キューワンボード外張り工法を設計・施工する際は、弊社「施工マニュアル」に沿って適切に行って下さい。

キューワンボード外張り工法

特長

  • 屋根の遮熱

    「家の作りようは夏を旨とすべし-」 夏の暑さから逃れるため、日本の家は古くから"茅葺き"で屋根断熱をしていました。日本の伝統工法である屋根断熱工法と通気工法により優れた遮熱効果を発揮し、小屋裏に熱がこもってしまう天井断熱と比べ、夏でも快適な室内空間を実現できます。また小屋裏部屋やロフトなど小屋裏を居住スペースとして活用できます。

  • 開口部

    窓などの開口部は、大きな熱の出入り口となります。住宅の断熱性を向上させるには、複層ガラスや断熱サッシなど、開口部にも充分な配慮が必要です。また南面には庇を設け、東西面にはブラインドやすだれを取り付けるなど、季節ごとに日射量の調整をはかることで冷暖房負荷はより軽減されます。

  • 緑の活用

    北側の常緑樹は、夏は葉の蒸散活動により冷気をつくり、冬は防風林として北風を防ぎます。南側の落葉樹は、夏は陽射しを遮り、冬は陽射しを取り入れます。周辺に緑の環境をつくり、陽射しや通風などの微気候をデザインすることで、快適性をより高めた環境共生住宅を実現します。

  • 吹き抜けと大きな窓

    パッシブデザインによる南面の大きな窓と広々とした吹き抜けは、快適でデザイン性豊かな空間を実現できます。冬は大きな窓から太陽熱を取り込み、床下などに蓄えることで(ダイレクトゲイン)、ぽかぽかとした自然の暖房を夜間まで利用できます。夏は日射を受けない各開口部をできるだけ開放し、通気による"涼房"を促します。

物性表

キューワンボード外張り工法は、優れた温熱環境とデザイン性を合わせ持ち、開放的で機能性豊かな住宅環境を実現します。

  • 柱、梁、小屋組などを表しにしたダイナミックな空間演出が可能に。
  • 冬でも暖かい開放的な空間は、部屋間の温度差を解消し、夏には通風効果を促します。
  • 壁内スペースを活かし、真壁造や壁内収納ができます。
  • 同様に壁内スペースを活かした"未完成壁"により、内装仕上げを軽減できます。
  • 壁内がオープンのため、ライフライン(配線・配管)の施工やメンテナンスが容易。
  • 室内リフォームによる断熱・気密層の破損が無く、間取りの可変性に優れます。
  • 建物の耐久性と居住空間の可変性を高め、持続可能な長命住宅に。

開口部も含め部位ごとの熱損失のバランスに配慮します。夏は開口部からの熱侵入が最も大きく、窓の方位に応じた日射遮蔽の措置が不可欠です。

冬、断熱性の低い一般住宅A(充填断熱)では木部(柱・筋交)が大きな熱損失要因になっているのに対し、断熱性の高い外張り工法の住宅Bでは、MRT(周壁平均放射温度)が高く、更に木部に蓄熱されているのが解ります。冷輻射の少ない環境は人の体感温度を高め、暖房の設定温度を下げる効果があります。

基本構造

キューワンボード外張り工法は、建物を外からすっぽり包み込むから、断熱性・気密性、防湿性、難燃性に大変優れています。

専用断熱材「キューワンボード」を木造躯体の外側から貼り、目地部及び取り合い部を気密処理することにより、優れた断熱・気密性能を確保します。

キューワンボード外張り工法は…

  • 躯体全体を外側から覆う工法なので、断熱・気密工事の信頼性に優れます。
  • 内部結露を防止し、構造体が室内環境下にあるため、木材の耐久性を維持します。
  • 全室暖房を省エネルギーで実現でき、部屋間の温度差を解消。
    結露発生によるカビ・ダニの繁殖や、冷ショックによる健康被害を抑制します。(温度のバリアフリー)
  • 高い気密性能と換気システムの採用で計画換気を実現。シックハウス対策に効果的です。
  • 在来軸組、ツーバイ、各種合理化構法などあらゆる木造躯体に対応します。
  • 次世代省エネルギー基準(平成11年基準)に適合しています。

屋根…両面に難燃加工特殊防湿面材を一体成型した専用断熱材「キューワンボードRZ」を垂木の上に施工します。ボード自体の強度が高く、踏み抜き防止のための下地合板が不要です。表面には防滑加工が施されており、屋根断熱施工の安全性、施工スピードが格段に向上します。

外壁…両面に難燃加工特殊防湿面材を一体成型した専用断熱材「キューワンボード」を躯体の外側に施工します。ボードの長手方向には「相尺り加工」が施され、全ての目地部は気密テープで目地処理します。熱橋(ヒートブリッジ)による熱損失を抑え、断熱・気密工事の信頼性に優れます。

基礎…土間を防湿し、基礎の外側に「キューワンボード基礎」、内側に「キューワンボード」を施工します。床下の断熱・気密性が格段に向上し、温・湿度環境も安定することから、不快な床下からのすきま風や結露の発生を防ぎます。また床下を収納スペースとして有効利用したり、パッシブデザインの蓄熱体として活用できます。

断熱基準と防耐火構造大臣認定番号

断熱基準

  I地域 II地域 III地域 IV地域 V地域
型式設定A*1 型式設定B*1 型式認定 型式認定A 型式認定B 仕様規定*2 型式認定C 型式認定D 仕様規定*2 型式認定
キューワンボードの厚さ(mm) 屋根*3 61 45 50 45 50 45
61 36 30 36 30 36 30
基礎*3 61 40*4 30 36*4 30 36*4 30
開口部の性能 [W/(m2・K)] 2.33 2.91 3.49 4.07 3.49*5
  • *1:型式認定Aは札幌を除いた北海道、型式認定Bには札幌付近などが含まれますが詳しくはお問い合わせください。
  • *2:住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する設計、施工及び維持保全の指針3(2)イ10(2)の規定による。
  • *3:仕様規定において桁上断熱、天井断熱又は床断熱とする場合の厚さについてはご相談ください。
  • *4:基礎内側断熱の場合はキューワンボード厚さ36㎜を接着工法で施工することができます。基礎外側の場合は専用材料(「キューワンボード基礎」厚さ40㎜)を打ち込み工法で施工ください。シロアリの被害が予想される地域では基礎内側工法で施工してください。
  • *5:地域によりレースカーテンが必要。
    詳細、ご不明点はご相談ください。

アキレス外張り工法防耐火構造大臣認定番号

区分 構造 外装材 等 認定番号 区分 構造 外装材 等 認定番号
防火構造 軸組 窯業サイディング・
釘留め
PC030BE-0231 防火構造 枠組 窯業サイディング・釘留め PC030BE-0243
窯業サイディング・
釘留め
PC030BE-0237 窯業サイディング・金具留め PC030BE-0247
軽量セメントモルタル PC030BE-0146 準耐火構造 軸組 窯業サイディング・金具留め QF045BE-0075
軽量セメントモルタル(内装規定なし) PC030BE-0523 軽量セメントモルタル QF045BE-0105
角波鋼板
(スパンドレル)
PC030BE-0344 枠組 窯業サイディング・金具留め QF045BE-0095
木製サイディング
(「ウィルウォール」)
PC030BE-0450 軽量セメントモルタル QF045BE-0177
  • :各構成部材の厚さ、構造用面材の有無等 詳しい仕様についてはお問い合わせください。

エコロジー住宅

キューワンボード外張り工法はサスティナブル、エコロジー。アキレスは人にやさしく、地球にやさしい住宅建築を提案します。

持続可能な地球環境のため、建物のライフサイクルを通して環境対策に取り組んでいます。建物の省エネルギー性はもちろん、材料自体の環境性能を高め、長命で資産価値の高いサスティナブル建築の実現に貢献しています。

ノンフロン

建物の断熱性を高め、省エネ=CO2排出量削減を図ることは地球温暖化対策の基本です。

キューワンボードは、オゾン層破壊係数ODPだけでなく、地球温暖化係数GWPの面でも環境性能に優れたHCガス(非フロン)を使用しています。HCガスは従来のフロン系ガスに比べ熱伝導率がやや大きいという性質がありますが、アキレス独自の製造技術により、セル(発泡剤が封入された空隙)の構造を改良することで、従来通りの優れた断熱性能(熱伝導率0.021W/m・K)と機械的物性を維持しています。

フロン系発泡剤のうちオゾン層を破壊するもの(CFC、HCFC)はウレタンフォームでは既に使用されていません。オゾン層を破壊しないHFCでも地球温暖化係数(GWP)が非常に高いという問題があります。キューワンボードはGWP値も低いHCガス(非フロン)を使用しています。

リデュース(消費削減)

キューワンボード外張り工法では、建物寸法に合わせた長尺サイズの製品を供給することで、現場で発生する残材(カットロス)を減らしています。これによりボード張り、目地処理などの工程を軽減し、工期も短縮できます。

リサイクル

熱硬化性樹脂である硬質ウレタンフォームは、リサイクルが難しいという課題がありました。アキレスでは従来からのサーマルリサイクル(RPF固形燃料化)に加え、ウレタンフォーム粉体を木チップの改質剤として添加し、熱圧成形したマテリアルリサイクル品、「アキレスURボード」を開発・販売しています。

外張り断熱の優れた技術は、健康で快適な長命住宅を実現するための基本となる、断熱・気密性能をより確実に向上させることが出来ます。それは古来より日本建築が持つ開放的で可変性に優れる特性を活かし、通風や日射調整によって自然とつながるパッシブな住環境を現代の住まいにも活かすことが出来ます。単に懐古主義ではなく、高い住宅性能を備えながら自然と共生できる住まい--。キューワンボード外張り工法は、日本の在来木造が持つ優れた技術を継承しつつ住宅性能の向上を図り、長命で資産価値の高い明日の住まいづくりを目指しています。

パッシブデザインとは、住まいとその周辺環境に合わせ、陽射し、風通しなどの微気候を上手に取り入れることで建物と外環境をつなぐデザインです。キューワンボード外張り工法は、その土地の気候・風土、敷地の立地条件などを考慮し、地域密着型の設計・施工を志す地場建築の方々と日本の住宅発展に取り組んでいます。

関連情報

断熱材について知る・選ぶ